疎外感を感じている人へ

ここ最近、カナダで疎外感を感じている、という人に何度か出会った。慣れない外国に来て、母国語でない言語を話して生活していく大変さは私にもよくわかる。カナダに来たばかりの頃は、大人数での会話に入った時、英語の聞き取りができず「電池切れ」状態になったこともよくあった。

ある人は、カナダで語学学校に通っているけど友達ができない、と言っていた。詳しい話をそれ以上聞かなかったので具体的にどうして友達ができないのかわからなかったけど、日本に帰りたい、と言っていた。

昨日たまたま話した日本人の方は、カナダに引っ越してきたばかりで、「カナダに引っ越すというとみんなからうらやましがられた」と仰っていた。海外に留学、ワーホリ、移住と聞くと日本の人達からうらやましいと思われることが多いようだけど、実際には楽しいことばかりではないと思う。

カナダに限らず、外国にやってきて疎外感を感じる人に対して、万人に効く解決策というものはないと思う。みんなそれぞれの事情があるから。

でもカナダに20年以上住んでみて、また留学エージェントとして数多くの日本人留学生と関わってきて、疎外感を感じる人の傾向というのは、なんとなくではあるがつかめた気がする。

ひとつは、バウンダリーがないこと。バウンダリーとは英語でBoundaryだが境界線や限度といった意味。このブログで何度も書いているブレネー・ブラウンの本に良く出てくるコンセプトだ。あくまで私自身の意見だけど、日本人はバウンダリーが希薄な人が多い気がする。バウンダリーのコンセプトは、簡単にいうと、「何がダメで、何がOKなのか」

例えば、翌日できる、する必要のない残業を頼まれてそのまま引き受けてしまう。バウンダリーが無い人だと「定時なので帰ります」もしくは「それは明日やります」が言えないので残業してしまい、モヤモヤする。

または自分と他人のプライバシーの境界があいまいな人が「子供はいつつくるの?何人つくるの?」など余計なお世話な質問をしてしまう。

同僚に本来は自分の仕事でないことを押しつけられた時 “That’s not my job”が言えないため、モヤモヤする。クラスメイトと飲みに行ったら、その子がナンパされた男の子と帰ってしまい自分は1人取り残され、夜遅く帰宅することになりモヤモヤする。これらはすべて ”That’s not OK” が言えないため起こる。日本人は怒るのが苦手ということもあると思うが、自分にとって「何がOKで何がダメなのか」の境界引きがきちんとされていないと、モヤモヤし、人から見放されているような気になる。

ブレネーの言葉で大好きで覚えている言葉の一つに

“Choose discomfort over resentment”というのがある。

「鬱積した憤りよりも、(一時の)不快感を選べ」ということ。

「それはダメ、That’s not OK」と言うことが苦手で、不快感を感じる人は多いと思うが、それを言わないがために自分が不当な扱いを受けているような気になり、その後モヤモヤが続く。じゃあ最初に一瞬気まずくても「できません」「それは無理です」と言ってしまえば、のちのモヤモヤを免れることができるのだ。

ふたつめは、自分を確立して、他人に過大な期待をしないこと。世間の人達が自分をハッピーにしてくれると期待するのは大きな甘えだと思う。自分を幸せにできるのは自分自身だけ。友達を作りたいと思ったら、自分から声をかけることは大事だけど、必ずしも声をかける全ての人が自分を好きになってくれると期待してはいけない。人に好かれたい、というのは人間の性だと思うけど、私は年を取って、全ての人に好かれなくても良いんだと気が付いてからは本当に楽になった。

身近な人は知っていることだが、私は1年程前から副業のバイトを始めた。その職場では私が最高齢で、一緒に働いている子達は10代後半から20代。自分の子供よりも年下の子達もいる。

新しい環境に入ってみて、自分でも最初驚いたのが、いかに自分が無意識のうちに彼女達に好かれようと振る舞っていたかだ。普通の若い子達は44歳のオバサンには興味がない。なので、無意識のうちにこちらからその子について色々質問したり、ジョークに大げさに笑ったり、特別親切にしている自分に気が付いてはっとしたことがある。こういうのを英語でsucking up (おべっかを使うというような意味)というが、40代の私が19歳の子に好かれようとしている事に気が付いて、馬鹿馬鹿しくなって止めた。もちろん職場で無愛想にしているわけではなく、みんなとは仲良く親切に接しているが、できるだけ素の自分でいるように勤めている。そうすると、意外なことに、相談を持ちかけてくる子や、色々質問してくる子が増えてきたのだ。

人に好かれたいと思うのは人間の性だと書いたけど、誰かに、何かに属したいと感じるのもそうで、このあたりはブレネー・ブラウンのBraving the Wildernessの本に詳しく書かれている。ちょっとコンセプトが難しい本かも知れないけど、私のレビューはここ

バウンダリーを持って人にNOと言うこと、そして人に過剰な期待を寄せないこと、というと、冷たいと思う人もいるかもしれない。私も昔はそう思っていた。でも、これらは自分を大事にして、自分を愛しているからこそできることだ。自分自身に正直でいることが、自分を愛すること。私は万人に好かれるタイプの人間ではない。ちょっと変なところも、欠点も沢山ある。私にとってこれはOKだけどこれはダメということもはっきりしている。それでもそれが私なのだ、と正直に生きていると、そんなあなたが好き、と言ってくれる人だけが集まってくる。

そしてこれで終わり – Day100

#The100dayproject 4日目

今日でこの毎日ブログを書くのも100日目になった。正直言って、英語と日本語でそれぞれ書いていたのでかなり大変だった。。。。また、ただでさえ時間のない日々、疲れ果ててもう書けない、辞めたいと思ったこともある。

どうせ誰も読んでないし、1日くらいスキップしたって誰も気にしないとも思った。そしてそれは真実だと思う。

でも、自分が気にする。

私は完璧主義者ではないが、これは書くことが上手くなりたくて始めたプロジェクトだ。だから昼寝をして、起きて、なんとか書いた。

全く何を書けばいいのかわからない日もあった。この100日の中でも、あまりに書いたネタがつまらなすぎて、思い出したくない日もある。でもこの100日チャレンジのポイントはいくら内容が酷くても、ひたすら書くことだった。書く習慣をつけることが目的だったから。

そのうち、何もなかった日でも、書くことを見つけることができるようになった。

100日を終えた今、恐れているのはこのまままた何も書かなくなるのではということだ。

毎日は書かないと思うが、できるだけ書き続けたい。だって、文章が上手くなる一番の練習は、書くことだから。

でも私は根っからの怠け者なので、少し心配だ。

そして偶然だが、今日は長男の大学最後の日だった。この数年間で、息子を通じて、もしくは全く関係無いルートで、息子のクラスメートたちとも仲良くなれたが、みんな良い子ばかり。そんなみんなの卒業する様子をみて、思わずしんみりしてしまった。みんな若くて将来有望な子ばかり。

そんなわけで今日は何かと終わりの日だった。でも終わりは必ずしも悪いことではない。何かが終わるということは、何か新しいもののためのスペースができるということ。私は書き続けるし、もうひとつの #The100dayproject の水彩画はインスタグラムで続けていく。

これまでの応援ありがとうございました。さあ、次の新しいものをつくりにいきましょう。

私のスーパーパワー -Day 99

#The100dayproject 3日目

私にはスーパーパワーがあって、それは1日に何度も昼寝できることだ。

私は朝型人間なので、大体朝5時か時にはそれより早く起きることもある。家族がまだ寝静まっている早朝は、自分の好きなことができる貴重な時間だ。そしてだいたいこの時間に絵も描いている。

仕事はできるだけ頭が冴えている朝のうちに片付けようと思うのだが、大体10時前後に疲れてくる。そこで昼寝をする。

ベッドに入るか、またはカウチにブランケットを持って横になり、iPhoneのアラームをセットし、通知をオフにする。そして目を閉じる。

実際に眠っている—無意識になっている—時間はきっと15から20分程度だと思う。目が覚めると、大抵の場合、眠りに落ちていたのは一瞬だけのような気がするが、いつもリフレッシュした気分になれる。

今日は2回昼寝をした。息子のラグビーの練習が朝8時からあったので、いつもより早く起きて早く家を出なければならず、9時半にはすでに疲れていた。なので 9:45-10:15まで昼寝。

その後、11時にオットと一緒にワークショップに参加してきた。帰宅したのが12時半で、その後1時から私はビデオカンファレンスがあった。ビデオが終わったあと、また疲れていたが、息子の学校のお迎えのため2時半には家を出ないといけない。そこで1:45から2:20pmまで2回目の昼寝をした。

いちど、この100日書くプロジェクトの途中のある日、ものすごく疲れていて何も書けない、というような日があった。すでにその時点で真夜中近かったのだが、何も書いていなかった。結局、20分ほど昼寝をし、その日のブログを書いて、そのあとぐっすり寝た。

私にとって睡眠とはとても重要なものだ。眠いと、何もできなくなるので、そういうときはすぐに寝るようにしている。

オットもそんな私に慣れて、日中私が昼寝しているときはそっとしておいてくれる。眠いときにすぐに、何度でも昼寝ができる体質で本当に良かったと思う。昼寝は、私にとってコーヒーより効き目がある。

ミスター・ロジャース -Day 98

#The100DayProject 2日目

昨夜、アメリカの子供番組 ”Mister Rogers’ Neighborhood”のホストとして北米では知らない人のいない、フレッド・ロジャースに関するドキュメンタリー、”Won’t You Be My Neighbor?”を見た。 私は宗教を信じないけれど、ミスター・ロジャースは信仰するかのように尊敬している。もう故人だけど、彼ほど「人に親切にしなさい、そしてありのままの自分を愛しなさい」というメッセージを体現した人はいないと思う。

番組を一度も見たことが無い人でも(日本では放送されなかったようだし、このドキュメンタリーも日本語版は出ていないよう)ビデオを見るとすぐにミスター・ロジャースの柔らかい語り口と、どんな子供にも真剣に耳を傾ける様子に、胸を打たれる人が多いのではと思う。彼は本当に特別な人だったのだ。

ドキュメンタリーを見ると、彼は本当に番組に出てくるそのままの人柄で、裏表のない人物だったようだ。黒人差別がまだ酷かった60年代に、黒人の郵便配達人と一緒に子供用プールで足を水につけ涼むシーンなどは、人種差別に対するフレッド・ロジャースの暗黙の声明だったという。愛が全ての根底にあると信じたミスター・ロジャースの人生には、教えられることばかりだ。

詳細はここには書けないが、今日、ある子供が、学校で大人にどんな気持ちにさせられたかを話す場に立ち会った。

ミスター・ロジャースは

“Children have very deep feeling, just the way everybody does(子供だって、大人と同じように深い感情を持っているんです” と言っていた。

私は神学者でも幼児教育の専門家でもないが、フレッド・ロジャースの100分の1でも彼に近づけるよう、みんなに親切に、そして思いやりを持って—

特に子供には—接するように少なくとも努力している。

もしそれが出来ない人は、そして逆に子供に恥をかかせるような人は、教育に関わるべきではないと思う。

母である以前に、私 – Day 97

#The100dayprojectの1日目の絵

これは今までに何度も色々な場所で言ってきたことだけど、私は自分は母である前に女であると思っている。

最近、友情についてよく考える。私の知っている女性は世代に関わらず、みんな忙しい。学校、仕事、恋愛、育児、家族、両親。。。みんな忙しい。

特に私の世代、30代後半から40代後半になると、女友達と遊びに行くような時間はほとんどない。しかもみんな疲れているので、余った時間は全て睡眠や休息にまわしたいというのが本音だろう。

もしそれを聞いて終わってる、と思うあなたはきっと30代以下の方だろう。

私にとって友情とは2ウェイストリート—一方通行でなく、相互に行き来できるものだ。お互いがその友情が長続きするよう努力しないといけない。

世の中には、二つのタイプの女性がいるように思える。ひとつは、自分の時間をすべて家族と過ごしたい女性と、そうでない女性。私は後者だ。

誤解されないように言っておくが、私も自分の家族は愛している。でも時々は自分のためだけのことをしたい。もしくは、友達と過ごしたい。だから私はポッドキャストをしたりものを書いたり絵を描いたりする。これらのものが、私を私にしているものなんだな。

Workin’ MomsというTV番組がどんなに好きかについては以前も書いたが、それはきっと主人公のケイト(演じているのはこの番組のクリエイターでもあるCatherine Reitman)が彼女も母親である以前にケイトだからだと思う。私は彼女にとても共感する。この番組は世の中の私達「ケイト」が感じるジレンマ—良い母親で良い妻でもありたいけれどそれ以前に自分であることをあきらめられない女—というのを上手く表現できているからだと思う。それをあきらめると、自分が自分でなくなってしまうのだ。

これは、家族とずっと時間を過ごしたいと思う女性たちへの当てつけではない(こういう但し書きを書かないといけないのも悲しいが、これまでの経験で学んでいるので)。私はただ、自分が幸せでいるためには自分を大事にしないといけないと言っているだけで、そのことに関しては謝る気もない。ただ、私達の友情が失われていくことがすこし悲しいだけだ。

退屈する暇 -Day 96

これは昨日書いたことに関連しているけど、今日は4月1日ということと、春休み明けの最初の日ということもあり、バタバタした1日だった。今日は早く寝るという人も多いのでは。私もその1人。

明日から、今年で3回目となるThe 100 Day Projectに参加して、100日毎日絵を描くことになる。今やっている100日毎日ブログを書くというプロジェクトと、公式のThe 100 Day Project (100日何かクリエイティブなことをするというプロジェクト)は重ならないと思っていたのだが、どうやら私のミスだったようで、公式の#The100DayProjectは明日から始まる。この100日書くプロジェクトは思いついた日に自分で始めたものだが、公式のThe 100 Day Projectは開始日が決まっているので、みんなと一緒に始めようと思う。書いた絵はInstagramに投稿していく予定。というわけでこれからの5日間は英語と日本語でブログを毎日書き、かつ水彩も毎日描くことになる。 楽しそうだ。

そして明日は日本のラジオ番組に生主演することになっている。

退屈する暇がないとはまさにこのこと。









時代の終わり – Day 95

今朝、シンクで食器を洗っていたら足下に水たまりができていた。どうやらパイプから水漏れしていたのだ。そして、ガラスのキャセロール皿も粉々に割った。この二つの出来事は30分の間に起こった。

結局、水漏れはすぐに直せたし、ガラスの破片もすべて綺麗に掃除することができたのだけど、先日のウォルマート事件のこともあり、これはきっともっと注意をしなさいというメッセージなのだろうなと思った。このところ忙しくで注意散漫になっていたから。

以前、友人が、お皿が割れたりする時はそれが自分の身代わりになってくれているのだと言っていた。具体的にどういうことなのか今ひとつ私にもわからないが、自分に起こっていなくて良かった。

日本では4月から年度が変わるため、移り変わりと新しいスタートの時期だ。SNSでも沢山の友人たちが新しい職場や学校のことを投稿している。

今日はまた新しい年号—令和—が発表された日でもあった。平成は4月30日で終わり、5月1日から新しい時代が始まる。まさに今、ひとつの時代が終わろうとしている。

カナダの4月1日は明日だけど、次男の3学期が始まり、また長男も大学最後の週だ。 カナダの新学期は秋だけど、春もやはり移り変わりの時期である。だから私も注意散漫になっていたのかもしれない。

私もこの春にはすこし変化を予定しているので、気を引き締めてがんばろうと思う。

レジュメ – Day 94

今日はあるプロジェクトにピッチするためにレジュメを更新した。Facebookにも書いたけど、40過ぎた今でもレジュメを書いたり送ったりするときすごくヴァルネラブルな気分になる。自分の評価を紙一枚で先方にゆだねることになるからだろうな。各セクションにいろいろ注釈つけたくなったし。

今、とあるクライアントさんの求人をヴァーチャルアシスタントみたいな感じで手伝っていているのだが、普段あまりレジュメを読む側になったことがない私にとってはとても興味深い。良いレジュメとダメダメなレジュメがあったりして、なかなか勉強になる。担当者(私)へのメールでの物言いがすごくずさんだったり、ワードファイルでレジュメ送ってきたりとか。。

今日送ったレジュメとピッチは自分的には頑張った物だったので、うまく通ると良いのだが。









すべて自分のせい – Day 93

水星が逆行するとコミュニケーションが上手くいかなくなったり物が壊れたり調子が悪くなったりするという。ちょうど今年最初の水星逆行が終わったらしい。私はそこまで信心深いわけではないが、これまでに何回か水星逆行しているときに問題があったりしたので、毎回これがやってくるとうんざりする。ちょうど数日前に、インスタグラムでこんなミームを見つけて、Facebookのグループでシェアして笑っていたところだった。水星逆行というのはとかく何か上手くいかないときの言い訳に使われるからだ。(クレジット:adamjk)

そして今日。朝一にドクターのアポがあった。私のドクターは家から歩いて5分程の距離にあるので、普通だったら歩いて行き歩いて帰宅するのだが、今日は正午からバイトが入っており、ウォルマートに買い物に行く用事もあったため、ドクターのところへは車で行き、その後車でウォルマートへ行き買い物を済ませようと計画した。

ウォルマートは家から車でほんの15分くらいの距離にあるのだが、ほんとうに行きたくない場所だ。行くたびにうんざりするけど、ここで買い物をしなくても済むほどリッチな訳でもないので、2週間に1回程度まとめて買い物をすることにしている。今日がその日だったわけだ。

ウォルマートでカートいっぱいに商品をいれてレジに向かい、自分の番になったときになってはじめて、財布を忘れてきたことに気がついた。

あわててレジの女性に、財布を忘れてきたのでレジに並んだ商品を全て置いて行かなければいけないことを伝えた。彼女は、あとで財布を持って戻ってきた時に払えるように、カートに入れたまま置いておきましょうか、と言ってくれたけど、私はバイトに向かわなければいけなかったので本当に申し訳ないけれど戻ってくる時間がないので全て誰かに戻してもらって下さいと平謝りしてでてきた。帰宅すると、財布は前の日に使ったバッグの中に入っていた。バッグを変えたのに財布を移動するのを忘れていたのだ。

思わず、例のミームを思い出して笑ってしまった。水星逆行が終わってしまったので、誰をも責めることはできず、すべて自分のせいだから。

消費して忘れる – Day 92

今日はThe OAのシーズン2の最初のエピソードを見た。うちのオットがどうしても見たいという「君も大好きだったじゃない。覚えてないの?」

ハッキリ言って、全く覚えていなかったので、YouTubeでシーズン1のまとめと説明をいったん見てから、Netflixでシーズン2を見ることになった。とりあえずまとめを見てこれまでのあらすじは大体思い出せたし、確かにすごい興味深いストーリーラインだとは思うし、ずっと見てたら多分ハマるだろうなとは思えたけど、とりあえず今夜は一話だけで止めておいた。

こういうことは私にはよくある。

何かの番組を見てものすごくハマり、どれだけ好きかを人に話しまくるのだが、シーズンを見終えるとその後はすぐに忘れてしまう。

もちろんこういった番組を制作するには時間がかかるし、下手すると数年間が開いてしまうもある。それに文句を言っているわけではない。ただ、見た側から忘れるって我ながらどうなん、と思ってしまう。

オレンジイズザニューブラックも、ストレンジャー・シングスも、This is Usも、Shameless も、ブレイキング・バッドもみんなそうだった。

こう感じるのは私だけじゃないと思うけど。

私達がいるのはまさに消費して忘れる経済だなと思った。

ストリーミングサービスは相変わらず大人気で(アップルも参入するらしいしね)暫くはとどまるところを知らなそうだ。でもそれは良いことなのか?意義のあることなのか?