Twitter10周年 – Day 52

ブランドアンバサダーとして日本に行ったときの写真

ついさっき、自分がTwitterを始めて10年になることに気が付いた。Twitterのプロフィールを見ると、2009年2月からやっていると書いてあるので、まさに今月だ。何日からやっているのか覚えていないけど、当日Twitterは教えてくれるのだろうか。

私はアーリーアダプターでもなんでもなく、周りがやり始めた時に参加したクチだ。でも、最初につぶやいた時に反応してくれた人(りょーたまさん)とは今も友達だ。会ったことはないけれど。

Twitterのプラットフォームとしてのピークは、私にとっては2011年頃だった。いろんなソーシャルメデイアカンフェレンスに参加したり、インフルエンサーやブランドアンバサダーとして本当に楽しいお仕事をさせてもらった。友達も沢山できたし、本当に面白かった。

その後、いろんな企業などがTwitterに参加するようになり、宣伝ばかりの「ノイズ」が増え、だんたん去って行く人も増えた。これが3−4年くらい前か。

そして今、またTwitterが面白くなっている。うちのオットはTwitterはトロールやヘイタ−ばかりと言って、未だに近づこうとしないが、私は最近になって様々な素敵な新しい友達ができた。その多くは、「黙らない」日本人女性たちだ。外国人女性も多い。彼女たちとの会話と仲間意識にいつもインスパイアされるし、助けられてもいる。

また最近のTwitterは昔と違って、長いスレッドを作ることができるのはとても便利だし、ストーリーテリングに適していると思う。このスレッドを使った啓蒙活動や、面白い話も沢山見るようになった。

数年前よりは、会話を求めている人が多い気がするし、実際、会話にも適している。昨日は、バンクーバーの様々な食べ物情報を教えてもらったし、別のスレッドでは、「いきなりステーキ」がアメリカで失敗したという話から、北米クラスタの日本人はアメリカのステーキに関して様々なつぶやきをしていた。そこから環境問題を考えるならビーフは食べない方が、、、という意見から、リサイクルやゴミの問題まで、他の方の意見を聴きつつとても有意義な対話ができた。

最近Twitterをほったらかしにしているという人がいたら、ぜひまたチェックしてみることをおすすめする。

ひとりだけ – Day 42

もう10年来仲良くしている友達がいる。いつも助けてくれる友達。英語で “give you the shirt off his back”という表現は、「着ているシャツを脱いで困っている人にあげるくらい良い人」という表現だが、彼はまさにそういう人だ。私を助けていない時は、誰か他の人を助けている、そんな人。過去10年の間に2回引っ越ししたが、どちらも彼が手伝ってくれた。

今日は夫と、今ビクトリアでやっているクイアシアターフェスティバルのショウを観に行くことになっていたのだが、前もって予定していたベビーシッターがキャンセルになってしまった。次男は10歳なので赤ちゃんではないが、かといって一人で家に置いていくわけにもいかない(カナダの法律では一人で留守番させられるのは11歳から。日本とは大違いだ)ので、微妙な年頃である。ギリギリになっても決まらないので焦ってFacebookに投稿したら、彼からテキストが来て、どうせ仕事しないといけないから君のうちでやらせてもらうよ、との連絡。彼は市の反対側に住んでいるし、今日は寒波でかなり寒いのでわざわざ来てもらうのも悪いと思っていると、本当に気にしないで、と言う。なのでショウに行っているあいだ家に来てもらった。彼が仕事をしている間次男はゲームをしていたそう。

おかげで素晴らしいクイアインディジェネスシアターを観ることができた。帰宅して、「本当にありがとう、今度ランチおごるね」と言うと、「いいよ、That’s what a friend is for!」といつものように明るく帰っていった。

彼のような素晴らしい友達を得るとは私は前世でどんな良い行いをしたのだろうかと思う。いつも彼にお世話になりっぱなしで、私にはもったいない友人だ。

スコットありがとう。あなたのような友達はこの広い世の中にもひとりだけです。

コミュニティの家族 – Day 25

今日で25日め。1/4は達成したので素直に嬉しい。あと75日。

今日は所属している日系団体の餅つき新年会だった。

私はこの団体で理事会に入っているのだけど、普段のイベントでは忙しすぎて人と話す機会などほとんどない。新年会は餅つきをして、子供達はお正月のゲームで遊んだり、その辺を走り回り、書き初めをして、コーラスを聴きダンスを観てその後みんなで持ち寄りのディナーを食べるという比較的low keyなイベントなので、年に一回ゆっくりみんなと話せる機会だ。

友達一家と一緒のテーブルに座り、世間話をしながらお餅を食べる。

こういうコミュニティの集まりでは、他の人の子供の成長ぶりを見るのも楽しい。知らない人の小さい子供に目を細めたりして、すっかりオバちゃんが板についてきているなと自分でも思う。

このイベントで楽しみなのが持ち寄りディナー。ホームメイドの和食が多いので、いろんな家庭の味を楽しめる。

この街に住んで長いし、このコミュニティにも長いこと属していると、コミュニティのお年寄りも自分の家族のような気がしてくる。

つい、「あの人今日来てないけど、元気かな」などと心配したりもする。今日は、かわいがってもらっている年配のご夫婦が帰り際に声をかけてくれて嬉しかった。ご主人はもう90歳を過ぎていて、奥さんによるとアルツハイマーを発症したそう。最後に会ったのは秋の文化祭の時だったのだが、(この人は90歳を過ぎていても文化祭でボランティアをするのだ!)その時は私のことを覚えていないようで、奥さんに「誰だったっけ?」と聞いていたのだけど、今日は、顔をみるとハグしてくれて、とても元気そうだった。奥さんいわく「今日は機嫌もよくて、最後まで居るって言ってたのよ」とのこと。それだけだったけど、何故かとても嬉しかった。なんだか、自分のおじいちゃんのような気がするんだな。そして、こういう自分のおじいちゃん,おばあちゃん、おじさん、おばさんのような人が何人もいる私は幸せものだと思う。いつまでもみんなに長生きして欲しいと思う。