The Gifts of Imperfection10周年を記念して無料ブッククラブを始めます

7月から新しく2つの本を2つのブレネー・ブラウン ブッククラブで読んでいくということは前回のブログでお知らせしましたが、先日、ブレネーのSNSへの投稿で、「The Gifts of Imperfection(邦題:ネガティブな感情(こころ)の魔法ー以下「The Gifts」)」の10周年を記念して、ブレネーのポッドキャストUnlocking Usで2021年6月23日からブッククラブをやっていくことが発表されました。

スケジュールは以下のようになっています。

6月23日  Introduction

6月30日  Guideposts 1&2

7月7日  Guideposts 3&4

7月14日 Guideposts 5&6

7月21日 Guideposts 7&8

7月28日 Guideposts 9&10

The GiftsはWholeheartedな生き方をするための10の道標が章として成り立っている本ですが、それを2つずつ、ブレネーのポッドキャストUnlocking Usで紐解いていくというスケジュールになっています。

そこで、日本語で私もThe Gifts of ImperfectionのブッククラブをClubhouseでやることにしました。こちらのブッククラブは無料です。

ブレネー自身がやるUnlocking Usのポッドキャスト/ブッククラブは6月23日から始まるので、Clubhouseでのブッククラブは日本時間6月25日朝7時から、毎週金曜日の朝7時にやっていきたいと思います。

一番良いのはこの本を読んで、そして2日前に配信されるブレネーのポッドキャストを聴いて、クラハのブックラブで感想を話し合うというパターンですが、どちらかひとつしかできなくても大丈夫です。

また、Clubhouseというアプリの性質上、ルームの出入りは自由です。お仕事中の方、話せない方、毎回参加できない方でもお時間あればご参加下さい。

左が10周年記念ハードカバー、右が2010年発行のソフトカバー

本のほうは、今回、10周年記念のハードカバーが出ましたが、私は2013年に読んだので、久しぶりに読み返すか、くらいに思っていてわざわざハードカバーを買わなくても良いかな、と思っていたのですが、たまたま本屋で目にして、新しいバージョンは中身は一緒なものの、新しい序文とともに、本の最後にIntegration Indexというセクションがあり、本を読んでいる途中で気になったこと(理解できないこと、さらにリサーチが必要と感じること、感動した部分など)をメモできるようになっています。私は本の内容をを読んだそばから忘れるヒトなので、これはありがたい。早速購入してしまいました。

また、10周年記念として、ブレネーのウェブサイトには様々なボーナスコンテンツがあります。そのひとつがThe Wholehearted Inventoryです。The GiftsはWholeheratedな生き方(私は心からの生き方、と訳しています)をするために必要な道標を説いた本ですが、このInventorryでは、自分がいまどこまでWholeheartedな生き方が出来ているかをチェックできるようになっています。そしてブレネーは、The Giftsを読む前に、ぜひこのテストを受けて欲しいと書いています。私もやってみましたが、読み始める前に自分がどこまでできているのか自覚しておくのはとても良いと思います。結果は自分にメールするか印刷するかできます。

ClubhouseでのブッククラブはBrené Brown ブッククラブというクラブの下でやりますので、もしよければぜひクラブをフォローしてください。(クラブをフォローするとルームの通知が届きます)参加出来る方はぜひコメント、DMでおお

ヴァルネラビリティ・アノニマスのルール

先日、Clubhouseにてヴァルネラビリティ・アノニマス(VA)の部屋を始めるということを書きましたが、それ以来3回開催しました。

VAの部屋では、定期的に部屋の趣旨やルールを説明していますが、ここにも記載しておこうと思います。今後参加してみたい方も参考にしてください。

Read more

自己開示の為の共助グループ ヴァルネラビリティ・アノニマス

今日、第1回のヴァルネラビリティ・アノニマスの部屋をClubhouseで開催しました。塚越悦子さんと、齊藤桂吾さんにモデレーターとしてお手伝いいただきながら、ヴァルネラビリティってなに?というところから始めて、感情について話すことの大切さ、自己開示の奨めなどについて話しました。

ヴァルネラビリティ・アノニマス(以下VA)の部屋をやろうと思ったきっかけは、先日までブレネー・ブラウン ブッククラブで読んでいたRising Strong(邦題:「立て直す力」)の中で

Over the pas two decades, I’ve learned that what I really need is a Vulnerability Anonymous meeting – a gathering place for people who like to numb the feelings that come with not having control, swimming in uncertainty, or cringing from emotional exposure.

(以下、日本語版より引用)

二〇年かけて、自分にとってほんとうに必要なのは”弱みをさらすことを恐れない訓練をする”会合ではないかと思うようになった。気持ちを抑え込まない、未知の領域を手探りで進む、気持ちを解放するこころもとなさを克服したい人々が集まれる場が必要なのではないか。

と書かれていたことです。

Read more

ニュースレター始めました&お知らせ

あっという間に2月も終わりですね。春はもうすぐです。先日、実家の母から桜の写真が送られてきて、懐かしくなりました。

ここ数ヶ月は、この「縁もゆかりも」ブログはポッドキャスト「はみだし系ライフの歩きかた」のショウノートを載せるスペースになっています。エピソードが配信されてから、ブログにショウノートを掲載するまでにかなり時間が開いてしまっていますが、現在その間を埋めるため努力中です。

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、改めてお知らせです。

Substackにて、ニュースレターを開始しました。Substackはクリエイター・ライターをサポートできる有料システムのあるEmailニュースレターです。無料版と有料版があり、有料版は月$7USDです。このブログとどう内容が違うのかというと、まずSubstack版ニュースレターを購読して頂くとメールに直接投稿が届きます。そして、Substackの方が私の個人的な近況、時事ネタ、聴いたポッドキャストや観たTV番組に関する話題がメインです。

今読んでくださっているこのブログでは、もう少しエバーグリーンな内容、先に述べたようなはみライのショウノート、「1000冊紹介する」シリーズや、もちろんブレネー・ブラウンに関することを引き続き書いていきます。

「縁もゆかりも」Substack Ver.を購読するにはこちら

そしてこの場を借りてClubhouseでのお部屋のお知らせも。

日本時間3/4(木) 8:00AMから、はみライEp.125「『ハーフ』は止めて?ミックスルーツの人々に対するマイクロアグレッション」にご出演頂いたあんなさんClubhouseでお話します。エピソードを聴いた感想、コメントなどもぜひ直接お寄せください。

日本時間3/7 8:00AMから、「まるちゃんトーク」ポッドキャストのリチャードソン幸さん「ガラスの仮面」についてお話します。

日本時間3/7 12:00PMからは、塚越悦子さん斎藤桂吾さんとでEmotion Wheelを使って感情について考えよう、という部屋をやります。現代人は自分の感情について考えることがあまりない、という話を元に、さまざまな感情を輪にしたEmotion Wheelに出てくる感情を、みんなで訳してみよう、という試みです。こちらのイベントは課題つきです。こちらからEmotion Wheelの訳シートをダウンロードできます。

日本時間3/8 9:00AMからは、国際女性デーに寄せて、サルディ佐藤比奈子さんと、畠山かなさんとで「国際女性デー2021:フェミニズムとこれからについて語ろう」という部屋をやります。

また、これもブログではお知らせしそびれてしまったのですが、「Her Confidence Her Way」ポッドキャストのEmiko Rasmussenさんと、「ハッピー探訪Maya Gaja」ポッドキャストのスキナー朋子さんとでYour Voice Summitというポッドキャストや声での配信に関するバーチャルサミットを開催しました。全てのセッションは、YouTube チャンネルで無料で見れますのでぜひお時間のあるときに見てみて下さい。

ちなみに、最近朋子さんのポッドキャストにゲストとしてお呼び頂きました。ぜひ聴いてみて下さい!

そして最後に、2021年度のブレネー・ブラウンブッククラブの4月からの申し込みを近々開始します。このブログで発表しますので、まだの方はぜひ購読してください。