6秒ビデオのVine:次のヒットアプリになる?

Vine

Twitterが先日公開したビデオアプリのVine、試してみられましたか?「ビデオのインスタグラム」と称されるこのアプリは、6秒のビデオをGIFのようにループできるツールですが、北米のソーシャルメディアプロの間では、意見が分かれています。

友人でデジタルストラテジストのSimon Saltは、「Vineは行き場のないプロダクト」だと言っています。Facebookがインスタグラムを吸収したのをふまえ、TwitterはインスタグラムのAPIをシャットダウンしましたが、それに対抗して、何かしらのビジュアルアプリを出してくるだろうというのは大方の予想通りでした。 ですがサイモンによると、6秒のビデオでできることはたかが知れているし、インスタグラムでなら写真を簡単にカッコ良く見せることができましたがビデオはそうは行かない、という意見です。

ですがMarketingProfとして有名なAnn HandleyVine: Stupid, Simple, Brilliant とタイトルをつけた記事で、くだらないくらいのシンプルさが、誰にでもコンテンツを造る機会を与えてくれ、編集できないという不便利さがあえて、撮影者によけいなものを省かせ、エッセンスを凝縮したコンテンツを造ることができると書いています。

私もAnnと同じくVine擁護派、というかVine中毒です。ビデオ系のアプリはCinemagramSocialCamViddyなどがありますが、簡単に6秒のビデオが作れて、シェアできるのは単純に面白いし、楽しいです。ループも面白いし。

これは昨夜友人と散歩に行ったとき撮ったもの。

私が強く思うのは、意味の無い、一見くだらないものでも、「面白い、楽しい」、英語でいうとFun、というのは非常にパワフルだということです。Pinterestが最初出て来た時も、一部の人は「バーチャルなコルクボード?それのどこが便利なわけ?」と言っていましたが、便利かどうか、何かの役に立つかどうかは別として、Funであるということはユーザーの感情に強く訴えるので、あのように爆発的にユーザーが増えました。 私が何故Vineが好きかというと、友人達の普段の生活が垣間見れるから。写真だと、つい自分を演出しちゃうことが多いと思うのですが、編集できないビデオのVineだと、部屋の様子、バスに乗っている友達、子供達、などの生の様子が見れて、今までよりその人のことを知ることができたような気分にしてくれます。 これは昨日のランチの様子。

 

ただこのVine、気をつけなければいけないことは、まだ公開されて1週間のアプリですので規制が広まっておらず。アダルトコンテンツも普通に公開されているとのこと。(一部のビデオには注意書きがでるようですが)私は今は知っている人だけをフォローしているので今のところ不快なビデオには遭遇していません。また、今のところiOSのみ利用可能なので、アンドロイド他のユーザーの方はもうしばらくお待ち下さい。

簡単にビデオコンテンツが作れるこのVine、ソーシャルメディアの次のヒット商品になるでしょうか? どう思います?

 

 

 

新SNSのPheed、ビジネスモデルのあるTwitterとして成功するか?/ Pivotできないサイトは?

私の周りで、最近よく名前を聞くようになったのがPheed(フィード)。Twitterの3倍の420文字まで使用でき、フェイスブックのように写真やビデオもシェアできるようになっている。1年ほど前にローンチしたサイトだが、すでに100万人ユーザーがいるとかで、主にパリス・ヒルトン、マイリー・サイラスなどのセレブが推している。

新しいSNSができると必ず一度は試してみる私。
私個人の感想ではパッと見た感じはなんかクリーンではなく、ごちゃごちゃしてるなあという印象。UIだけ見ると、以前にもこの手のTwitter風の サイトは沢山あったので、なにがビッグディールなの?という感じ。

PheedがTwitterと大きく違う部分は、ユーザーがサブスクライバー(フォロワー)に有料でコンテンツを提供することが出来るということだ。自分の提供するつぶやき(フィード)が$1.99 から$34.99までの月額購読料の価値があると思う人は、有料コンテンツに指定することができる。ちなみにクリス・ブラウンのPheedは$2.99だそうだけど、彼のチャンネルはまだローンチしていない。

月額でチャージすることも出来るし、一つ一つのフィードを指定してチャージすることも出来る。これはイベントのライブフィードなどの時には使えるかも。例えば、アップルの新製品発表の時なんかね。

Forbes誌ではビジネスモデルのあるTwitterとして評価されているそうだけど、果たして成功するか?

ちなみに私は無料でフィード提供してます。一般人ですから。

毎回のことだけど、この新しいSNS、Next Big Thingになるのでは?といった記事が出ている。Google +もそうだったしね。どうかなあ。

とりあえず数人、友達を見つけて使いだした。新しいプラットフォームに行って毎回やるのが、「知っている人を探す」ことで、これはもちろん様々なSNSについている機能だけど、何故知り合いを探したくなるのか。新しい友達を作ることもソーシャルネットワークの楽しみだと思うんだけど、自分のことながら、これって人間性なのかしら。

Pheedをみて最初に思い出したのが一昔前騒がれたHeello(ヒーロウ)。TwitPicの創始者が作ったサイトだが、久しぶりに見に行ったら、新しくなります、と書かれたブログが8月のもので、そのままの様子。っていうか使ってる人誰も知らないよ。Heelloと同じ頃出て来て、私はちょこっと使っていたSubjotはどうなったのかと思って見に行くと、こちらはクローズしましたとのこと。

スタートアップではPivotという言葉がバズワードになっているけど、Pivot 出来ない、Pivotしようがないサイトは閉めるしか無い訳で。
数日前にはお気に入りだった Timelyがシャットダウン。以前はツィートをスケジュールできるツールは無かったのだけど、今はご存知の通りHootsuiteBufferが大活躍だもんね。

ちなみに宣伝ですが私がコミュニティマネージャをつとめるTicTalkingも新しいSNSとしてがんばってます。インタレストグラフ(興味のあるトピックでつながる)サイトです。翻訳機能もついているのでよかったら是非覗いてみてください。

Dove Canadaとお仕事。

久しぶりにソーシャルメディアギグのお話が。

来週トロントへ飛び、そこでDove Canadaのオンラインミュージックビデオに出ることになりました。もちろん、私一人では無いです。私以外に14人のReal Women(モデルでない普通の人)を招待してあるそうで、撮影するのはSinging In The Rain(雨に唄えば)だそうで、振り付けなどは当日習うので全く予想つきませんが、楽しみです。

一緒に選ばれたのはTwitterでよく話しをしている女性がほとんど。何度か以前仕事をしたメンバーもいるので、また会えるのが嬉しいです。

LAのセレブスタイリストがみんなの髪をスタイルしてくれるそうで、これもいったいどうなるのか楽しみです。

当日はいろいろとライブツイートすると思うので、http://twitter.com/#!/YukariP をチェックして下さいね。

「ゆるく、自由に、そして有意義に ストレスフリー・ツイッター術」

Twitterで仲良くさせていただいている渡辺由佳里さんの「ゆるく、自由に、そして有意義に ストレスフリー・ツイッター術」読ませていただきました。

一昔前に「Mixi疲れ」なんて言葉があったけど、最近ではTwitterでもストレスを感じる人が多くなっているとか? 何故? やはり、こういうのって日本人独特の悩みなのだろうか。

数ヶ月前に由佳里さんからはTwitterに関する本を執筆しているとのことで、Twitterをどういうふうに使っているか教えて下さい、と質問されていたのだけど、私の場合、ほんとうにはっきりとした「目標」「ゴール」なしに使っているのであまり参考になるかは甚だ疑問ですが、Twitterでいろいろなコネクション(ビジネスでもパーソナルでも)ができたのは事実です。

Twitterに関して、いかに、ゆるく他人とつながっていくか、由佳里さんならではの語り口で押しつけがましくなく提案されていて、とってもいい感じです。

Twitter中毒かどうかのチェックリストも載っていて、ドキドキしながらチェックしてみましたが、なんとか6個で、中毒まではいかずに済んだようです。はは。