Reach out

昨日の続き。

そういえば、Facebookをお休みしていた間、実際に「何かあった?」と連絡をくれたのは3人、うちのオットに心配して連絡してくれた友人が1人。1000人以上Facebook友達がいても、そんなものですよね。ソーシャルで逆に寂しくなる人がいるのもよくわかります。

逆に、そういうふうに直接連絡をしてきてくれた人というのは、本当の友達なんだなあと思って、感謝の気持ちで一杯です。ありがとう。

「どうしたのかなと思ってたのよ」とかって、結局あとで言う事であって、実際に行動が伴ってないじゃないですか。私は数年前からそんなのはBSだと思っていますし、何か友達が心配になるような言動をしたら必ず個人的に直接連絡するようにしています。

When in doubt, reach out, reach out, reach out. というのが私のモットーの一つです。

Facebook疲れ?

ちょっと色々と思うところがあり、Facebookを少しお休みしました。 本当はブログに書くつもりは無かったのですが、気持ち的にも落ち着いて来たし、書いても良いかなと。

私はもともと性格的にいろんな事に手を出すのが苦にならないタイプ(それを全部きちんと終わらせられるかというのはまた全く別の問題ですが。。。)なので、ソーシャルネットワークを色々使い分けるのは特にストレスにはならないのですが、 Facebookに限っては、いろんな人との「つながりかた」に少々疑問を持つようになってきました。 クリックひとつの「いいね!」以外に、他になんの交流もない人達や、自分の意見やアジェンダ(政治的なものやビジネスなど)などを押しつけるような投稿しかしない人、人の投稿に「私はね。。。」と常に自分の事しか興味のない人達。「SNS疲れ」という言葉は特に新しいものではないと思いますが、まさか自分がなるとは。

デジタルではない「本当の」カメラやポラロイドが流行ったりするように、テクノロジーが進化してくると、昔を懐かしんで、時代の流れに逆行したくなるのはそんなに珍しいことではないと思います。電子辞書がいくら浸透しても、紙の本を読む人は(減って来ているとはいえ)なくならないと思うし、今でもレコードを集める人だって沢山います。人とのコミュニケーションにしても同じで、私は今年は出来るだけ手紙(いわゆるSnail Mailというやつ)を出すようにつとめているし、みんなに見えるFacebookのウォール上でなく、本人だけが見るようにメッセージでコミュニケーションを取るようになりました。

最近、人生ほんと短いよな、と思わされる事が多く、もっと人生の限りある時間を有意義なことに使いたいと思うようになったのです。 私はこのブログのタイトルにもなっているように、人との縁を常に意識して生活していますが、Facebook上だとついつまらないことばかり更新してしまったりで。少しお休みを取って、その時間を読書や手紙を書く事に使いました。 お休みしていた期間はほんの4−5日でしたが、自分なりのFacebookの使い方がはっきりしてきたと思います。

かといってまじめで堅苦しいヒトではないので、またくだらないこと投稿したりするかも知れませんが。はは。 これからもよろしくおねがいします。

新SNSのPheed、ビジネスモデルのあるTwitterとして成功するか?/ Pivotできないサイトは?

私の周りで、最近よく名前を聞くようになったのがPheed(フィード)。Twitterの3倍の420文字まで使用でき、フェイスブックのように写真やビデオもシェアできるようになっている。1年ほど前にローンチしたサイトだが、すでに100万人ユーザーがいるとかで、主にパリス・ヒルトン、マイリー・サイラスなどのセレブが推している。

新しいSNSができると必ず一度は試してみる私。
私個人の感想ではパッと見た感じはなんかクリーンではなく、ごちゃごちゃしてるなあという印象。UIだけ見ると、以前にもこの手のTwitter風の サイトは沢山あったので、なにがビッグディールなの?という感じ。

PheedがTwitterと大きく違う部分は、ユーザーがサブスクライバー(フォロワー)に有料でコンテンツを提供することが出来るということだ。自分の提供するつぶやき(フィード)が$1.99 から$34.99までの月額購読料の価値があると思う人は、有料コンテンツに指定することができる。ちなみにクリス・ブラウンのPheedは$2.99だそうだけど、彼のチャンネルはまだローンチしていない。

月額でチャージすることも出来るし、一つ一つのフィードを指定してチャージすることも出来る。これはイベントのライブフィードなどの時には使えるかも。例えば、アップルの新製品発表の時なんかね。

Forbes誌ではビジネスモデルのあるTwitterとして評価されているそうだけど、果たして成功するか?

ちなみに私は無料でフィード提供してます。一般人ですから。

毎回のことだけど、この新しいSNS、Next Big Thingになるのでは?といった記事が出ている。Google +もそうだったしね。どうかなあ。

とりあえず数人、友達を見つけて使いだした。新しいプラットフォームに行って毎回やるのが、「知っている人を探す」ことで、これはもちろん様々なSNSについている機能だけど、何故知り合いを探したくなるのか。新しい友達を作ることもソーシャルネットワークの楽しみだと思うんだけど、自分のことながら、これって人間性なのかしら。

Pheedをみて最初に思い出したのが一昔前騒がれたHeello(ヒーロウ)。TwitPicの創始者が作ったサイトだが、久しぶりに見に行ったら、新しくなります、と書かれたブログが8月のもので、そのままの様子。っていうか使ってる人誰も知らないよ。Heelloと同じ頃出て来て、私はちょこっと使っていたSubjotはどうなったのかと思って見に行くと、こちらはクローズしましたとのこと。

スタートアップではPivotという言葉がバズワードになっているけど、Pivot 出来ない、Pivotしようがないサイトは閉めるしか無い訳で。
数日前にはお気に入りだった Timelyがシャットダウン。以前はツィートをスケジュールできるツールは無かったのだけど、今はご存知の通りHootsuiteBufferが大活躍だもんね。

ちなみに宣伝ですが私がコミュニティマネージャをつとめるTicTalkingも新しいSNSとしてがんばってます。インタレストグラフ(興味のあるトピックでつながる)サイトです。翻訳機能もついているのでよかったら是非覗いてみてください。