成功するための許可

先週は、ライフコーチというか、インスピレーショナルスピーカーのDanielle LaPorteの話を聞きに行く機会があった。バンクーバー在住の彼女は、The Fire Starter Sessions
という本を出版して、最近巷で人気のヒトである。私は数年前に私がメンターとして慕うChris Guillebeauの本The Art of Non-Conformity
(日本語では「常識からはみ出す生き方 ノマドワーカーが贈る「仕事と人生のルール」」)のブックツアーでバンクーバーに彼が来た時に、Danielleが司会をしていて、その時に初めて彼女のことを知ったのだけど、実際に彼女にきちんと会うのは今回が初めて。

メインイベントの前にカクテルパーティがあり、本にサインをしてもらう機会があったが、何故か子供の話で盛り上がり、彼女は8歳の息子さんが学校から帰って来るのを木の陰から隠れて見ているような心配性ママになりつつあるとのこと。ははは。

彼女は最近グングンと有名になって来ているヒトで、私は普段はインスピレーショナルスピーカーの類いは半分くらいしか信用しないので、彼女は実際会ってみてどんな感じなのか気になっていたが、ユーモアのセンスがあり、話が面白く、ファンじゃなくても十分楽しめるスピーチだった。

暗記して読むようなスピーチではなく、観客に質問を募って答えを出して行くという構成だったが、特に印象に残ったのが、
成功することに関して女性は何かと許可を求めてしまうということ。
夫がいて子供がいて、それでも何か自分自身の道で成功したい、と願うこと、仕事と子育てに追われて、自分自身の時間が欲しいと願うことに何故か罪悪感を感じる女性がいかに多いことか。
これは私自身もしっかりしていないと時々陥る罠であり、良いリマインダーになった。

これにはダニエルは、彼女の場合、クリエイティブなヒトなので、何か書きたいことが出て来た時にはそれを書くしか無いし、旦那さんも子供も最近では慣れていて、「ママはまたしばらく書くことに集中しちゃうから」と言えば納得してくれるらしい。そういう環境を作って行かないとだめってことですね。

我が家も、相方も私もものを書くのが仕事なので、4歳の息子は、基本的に、私たちが一心不乱にキーボードに向かっている時は話しかけてはいけないというのがルールになっている。もちろん、まだ4歳なのでなかなか難しいが。幸い大抵の場合私か相方がいるのでどちらかが忙しい場合は片方が子供の面倒を見れるので助かっている。

成功することに誰の許可もいらない。自分が決めた道を進むのみ。

謙遜の落とし穴と目標を明文化すること

ここのところ黙々と、少しづつではありますが考えていること。

海外に住んでもう13年くらいになりますが、日本語を忘れたり(特に漢字!)、人とぶつかった時に”Excuse me”とか言ってしまい、もう半分以上外国人だなあ、と思うこともしばしば。

考え方や意見も、日本にいた頃とくらべるとだいぶ変わりましたが、未だに変わらないよなあ、と思うのが、自分を卑下しがちなこと。

良く言えば、日本の謙遜の美学なのでしょうが、褒められても、未だに「いえいえ私なんて、、とんでもない。」と言ってしまうことがよくあります。

もちろん、毎日人として向上するために生きているのだと思いますが、あまりにも卑下しすぎていると、いつのまにかそれを言い訳にして自分にストップをかけているのでは、と思うようになりました。

人はみんな周りから見られたイメージの自分と、自分自身がイメージする「ほんとうの」自分に分けられると思うのですが、自分を卑下してばかり居ると、「ほんとう」と自分で思っている自分が、実は実際よりもすごく下になっていることがあると思うのです。

自分でビジネスを始めてみたい、作家になりたい、英語が話せるようになりたい、、、等、みなさんいろいろと夢はあると思うんです。でも、それを謙遜しすぎて「私なんてまだまだ」と思っていると、いつまで経ってもその夢って実現しないのでは、と思うようになりました。

もちろん、現実をしっかり受け止めて、謙虚な気持ちでいることはとても大事だと思います。でも、ある程度の年になったら、「私は起業家です」「作家です」「英語できます」と、明言しないといけないと、思うのです。

私もつい最近までは、謙遜して「これはほんの趣味でやっていることですから」と言っていたことがあります。でも、先日友人から、「どうしていつもそんなこと言うの? あなたは素晴らしい才能があるのに。もっと自分に自信を持っていいのよ」と言われ、気がついたのです。自分では謙遜だと思っていたのに、実は、「自分はまだまだだ」と思うことは、プロとしてやっていかなくて良い言い訳だったのです。

ここで何が私の頭に浮かんだかと言うと、漫画「ガラスの仮面」の上のシーンです。(70年代生まれなので、思いっきりガラかめ世代です)

確か、月影先生が聞くんですよね。「何の為にお芝居をやっているの?」と。「お芝居をやっていると楽しくて、だから趣味でやるの?」みたいに。そこでマヤが

「いいえ、あたし、女優になります!」って言うんですよね。(これ読んだことある人どのくらいいるんだろう?)

そこで明言してしまったマヤは自分でもびっくりしてしまう訳ですが。

みなさんの夢はなんですか?そして、あなたは将来何をする予定ですか?

さあ、言ってみましょう。「私、◯◯になります!」ってね。