Sister On -Day70

昨日のブログで詳しく説明すると書いたが、昨日配信したポッドキャストの最後の方で、女性同士支えあわなければいけないという話をしたときの出典がこれ。

On Being with Krista Tippetは大好きなポッドキャストのひとつで、人として生きるとはどういうことか、について毎回様々なゲストと語る番組で、毎週聴いているが、グレノン・ドイルとアビ−・ウォンバックがゲストで出ていた回は最近でも特に良かった回のひとつ。O

グレノンはMomasteryといういわゆるマミーブログ出身の作家だが、文章の才能がものすごくあり、本もベストセラーになっている。アルコール、ドラッグ中毒から立ち直り離婚の危機を乗り越えるまでを書いたLove Warrior(この本については過去にここに書いているはブロガーの書いた本と馬鹿にすることなどできない程すごく読ませる本だった。彼女の凄いところそして人気の秘密は、文章の才能があるだけでなく、自分にもすごく正直なところ。実はこのLove Warriorのブックツアーの直前に、やりなおすと決めた夫と最終的に離婚することになるが、普通なら体裁や本の宣伝を考えて仲良いフリなどをする人が多いだろうと思う中、自分に嘘はつけない、と正直になったことで私も好印象をもった。その後カミングアウトして世間を驚かせ、さらに数年前にアメリカ代表として金メダルを取りワールドカップでも優勝した女子サッカー選手アビー・ウォンバックと結婚した。英語でGirl Crushというと女が惚れる女といった意味だけど、アビーは本当にカッコよく、まさに私のGirl Crushだ。

今回紹介するエピソードでは二人が仲良くクリスタの質問に答えている。二人の母親としてmixed familyを育てていくこと、アビーの引退などとても興味深い話が聞けるので、ぜひ全編を聴いてみて欲しいが、今日紹介する部分は 37:46あたりから聴ける。 (リンクをエンベッドできないのでこのサイトに行ってWeb Playerで聴いてみて欲しい)引用は以下。

Ms. Tippett: I feel like, coming from really different directions, the two of you use this really kindred language. You talk about that we need to “champion” each other. And Glennon, you use the language of “sistering” each other.

Ms. Doyle: Well, “sistering” is just the best word ever. OK, so …

Ms. Wambach: I love this story.

Ms. Doyle: You know carpentry? It’s just boards and nails, carpentry — Jesus was one.

(laughter)

There’s this thing happens in carpentry where the mainstay of a building is a joist. Every once in a while, the joist starts to weaken because there’s a load put on top of it that’s too heavy. When that happens, they say, “OK, bring some extra boards.” And they put an extra board to the right of the weakening joist, and if that doesn’t make it strong enough, then they bring another board, and they put it to the left of the weakened joist. With an extra board to the right, and an extra board to the left, the joist becomes strong enough to withhold any load. Do you know what that carpentry system is called? Sistering. It’s like the guy carpenters were like, “Oh, we can’t name this ‘brothering.’ That’s too much intimacy there. That looks more like what the ladies would do.”

(laughter)

But it’s just the most beautiful, to me, example of how women support each other — and for life, because sometimes the load on us just gets too heavy to carry by ourselves, and the mistake we make when that happens is we think that we’ve done something wrong. We think we’ve made a mistake; we’ve gone wrong somewhere, because it can’t be this heavy.

But if we never had to ask for help because we couldn’t carry the load anymore, then we would miss out on the best part of life, which is just sistering and being sistered — or champion each other. Go get the ball, score the goal.

全てを訳さないが、グレノンが、大工仕事、大工さんでー、ジーザスもそうだったのよね、というところが可笑しかった。(イエス・キリストは大工だった)梁に重みがかかりすぎて弱ってきた場合、そこに別の板を取り付けて強度を高めることを大工用語でSisteringというそうだ。だから、支えること=シスタリングなのよ!すごくない?というグレノンの興奮した話しぶりが可愛い。また、Brotheringだとちょっと親密すぎるからLadiesに任せようぜってなってシスタリングって名付けたのね、なんて言っているのも笑えた。

だから、女性はみんなシスター・オン、支えあって行こう。私の背負っているものが重くなりすぎて、もう潰されそう、って言う時に支えてくれてありがとう。そしてシスターズ、国際女性デーおめでとう。