良心のあるSNS?#TICgameで現金キープ?それとも寄付?

ヴィクトール・フランクルの「夜と霧」、マズローの欲求段階説、または生まれながらに人が(ときおり)感じる「正しいことをしている」という感覚など、人はお互いにポジティブな方向で繋がっていなくてはいけない、ということにみな同意していただけるでしょう。

このブログを読んでいるあなたならソーシャルメディア上で人と繋がることは良いことで、さらに大事なことだと感じていると思います。

TicTalkingは良心のあるソーシャルネットワークです。私たちは、人々がThings In Common(TIC)-共通のもの-を通して世界中の人たちと繋がっていく手助けをします。私たちは、人々が興味のあるものを通じて繋がると、その関係がより深く、有意義なものになると信じます。深いつながりは共感と思いやりを呼び、結果的に世界をより良くすることになります。

TicTalkingは全ての人々(裕福な人、恵まれない人、先進国、後進国に関わらず)がそれぞれが大切に思う慈善行為、運動に貢献する手助けをしたいと考えています。TicTalking上で啓蒙活動を行うのであれ、直接時間、金銭を費やすのであれ、全ての人は世界を良い方向へ変えるパワーがあるのです。

という訳で、人と繋がろう、他人を助けようという精神で、TicTalkingはLiquor Plus MediaMiserと共に#TICgameをスポンサーすることにしました。

非常にシンプルなゲームで、Twitter、Facebookで#TICgameのハッシュタグをつけてつぶやき、最も影響力の大きかった人が以下の二つの賞品からひとつを選べるというものです。

自分の為に$500カナダドル

または

ご希望の慈善団体、非営利団体に$2000カナダドルを寄付

あなたならどうしますか? キープする?それとも寄付?

ゲームの詳細は以下です。

  1. http://www.tictalking.com/ にいってメールアドレスを入力。
  2. Twitter、Facebookなどで#TICgameについて投稿。
  3. MediaMizerが全ての投稿、RT数を集計。もっとも影響力の大きかったユーザーが勝つ。

ゲームは太平洋時間6月11日の午前11時までです。それまでに、どれだけ多くの人にメッセージを伝えられるか。。。Good luck!

(注)このポストはTicTalkingのポストを和訳したものです。