日本のデザインを楽しむ Japan Unlayeredに行ってきました


バンクーバーのフェアモント・パシフィック・リムホテルで1月27日から2月28日まで開催されているJapan Unlayeredというデザインイベントを見てきました。日本のデザインと文化の展示会です。

ホテルのロビーに入るとすぐに目にはいるのがFloating Tea Roomと称された隈研吾さんデザインのモダンな茶室のインスタレーション。は、入りたい。。。

Read more

日本人のカナダでの歴史を書いたGateway to Promise翻訳プロジェクト

IMG_5524

カナダにおける日本人、そして日系人に関してはこのサイトでも過去に何度か触れています。私自身は1998年に移民してきたいわゆる「新移住者」ですが、私がここカナダで差別されることなく安定した仕事ができるのは、日本から1880年代に移住してきた日本人のみなさんが基礎を作って下さったからだと思っています。

カナダにおける日本人、そして日系人の歴史というものは、あまり日本では知られていないようです。学校で学んだ記憶もありませんし、戦時中に「敵国人である」と見なされ強制的に収容(Internment)された日系カナダ人のことは、恥ずかしながらつい数年前に知ったという次第です。

カナダに最初に移住した日本人は、長崎県口之津(私も長崎出身ですがこれは知りませんでした)出身の永野萬蔵氏、ということに長いことなっていたのですが、ビクトリア在住の歴史家で著者でもあるゴードンとアン・リー夫妻は独自のリサーチやインタビューを重ね、2013年にGateway to Promite : Canada’s First Japanese Communityという本を出版されました。ゴードンとアン・リーとは私もこの数年来ビクトリア日系協会を通じて様々なお話を聞かせてもらっていたのですが、この本には、ビクトリアの日系コミュニティがどのようにして創られていったか、当時の人々の生活の様子、ビクトリアで客死した新渡戸稲造氏についてなどが380ページにわたり詳細に記録されています。

この本によると、記録に残っている限り、BC州に足を踏み入れた最初の日本人は1834年に遭難した船の乗組員ということになっています。ただこれはFort Langleyの記録で、ビクトリアではありません。それではビクトリアに最初にやってきたのは一体誰なのでしょう?1885年には、Government Streetにある日本雑貨店(この店舗は今でも残っています)で日本人を雇っていたCharles Gabrielのビクトリアでの裁判の記録が残っており、この時点でビクトリアにはすでに日系人のコミュニティがあったことの証拠になっています。

Gateway To Promise 日本語翻訳チーム
撮影:Tom Saunders氏

そして今回、作家の宮松サンダース敬子さんのお声がけで、この本を日本語に訳すというプロジェクトが発足し、ビクトリアはもちろん、バンクーバー、デンマン島、トロント、日本そしてフィリピンから14名の翻訳者が集まりました。そして先日初めての顔合わせ会が行われました。

IMG_5467

宮松邸にて簡単な挨拶、ランチのあと、Ross  Bay Cemetary内の日本人墓地にゴードンとアン・リー夫妻に案内していただきました。ここはビクトリア日系協会で毎年お盆をやっているところでもあります。この墓地の話もGateway to Promiseに登場します。

IMG_5468

墓地ツアーのあとは集まった翻訳者で振り分け作業。約400ページの本を14人で分けるということになりました。様々なバックグラウンドの翻訳者が集まり、みなさんお仕事や子育てでお忙しい中、この本を日本語に翻訳することは歴史的にも大切なことだと信じている方ばかりだと思っています。また今回のチームの中にはプロの翻訳者の方もいらっしゃいますのでとても頼もしく、色々勉強させていただける貴重な機会になりそうです。

このGateway to Promise日本語翻訳プロジェクトはビクトリア日系協会からの補助金を受けており、その大部分は各翻訳者が使用する原本の購入、ミーティングへの交通費などに使われています。現在、印刷代その他かかってくる経費をカバーするためにさらなる補助金または寄付を募っております。ご興味のある方、(発行は来年以降になると思いますが)翻訳本をプレオーダーしたい方などいらっしゃいましたらぜひご連絡下さい。私個人にご送金いただいてもかまいません。責任を持って宮松さんにお渡しします。

翻訳された本はカナダ国内の日本人、日系人はもちろん、日本でも広めたいと思っております。どうぞご協力をお願いいたします。

日系カナダ人協会年次総会

IMG_3836

先日、全国日系カナダ人協会(NAJC – National Association of Japanese Canadian)の年次総会(AGM)がビクトリアで行われました。私はビクトリアの日系文化協会(VNCS)の理事会に入っていて、去年、バンクーバーで行われた年次総会に初めて参加しました。今年はこの年次総会がビクトリアで行われることになり(毎年開催都市が移動する)、ビクトリアの年次総会の計画委員会にも入っていました。

私はいわゆる「日系人」ではありません。20年近く前に佐世保からカナダに移民しましたが、国籍上は日本人、両親も日本人です。ここでいう「日系人」というのは日系カナダ人、つまり両親または祖父母、曾祖父母が日本から移民してきた人達を指します。

Read more

復興のきっかけバス

きっかけバス

東日本大震災からもうすぐ2年半ですね。みなさんは復興という言葉を聞いて、まず最初に思い浮かぶのは何ですか?

私は、実家が長崎県の佐世保市なので、震災の被害は全くと言っていいほど受けていません。ですが、Twitterをきっかけにつながった、沢山の「助けあいジャパン」のみなさんと一緒に、細々とですが、復興を応援しています。

震災直後には、私の住むビクトリアでもHope Love Japanというファンドレイザーのイベントをやり、カナダの赤十字を通して寄付しました。今年の3月には東北沿岸を助けあいジャパンの野田さんと、アメリカのビデオブロガー、Geekbeat TVの2人とで周り、実際に被災地の様子も見てきました。

共徳丸の前で手を合わせ、気仙沼の復興市場のおばちゃんに会い防災庁舎では涙し、石巻のヤフー復興ベースではUstreamをさせていただきました。

あのツアーで見た光景、会った人たちのことは今でもはっきり覚えています。その時に感じた、「被害が多すぎてどこから手を付ければいいのかわからない」という無力感もまた、よく覚えています。

震災から2年半が過ぎようとしている今、あなたにとって復興とは何ですか?

自分のことだけでいっぱいいっぱいですか?

手伝いたいけど何から手をつければいいのかわからない、という人のために、「きっかけバス」はできました。

もう一度、東北のことを話すきっかけ
もう一度、ボランティアや東北に行くきっかけ
もう一度、復興に関わるきっかけ
もう一度、311の教訓を学び、つぎの防災につなげるきっかけ

きっかけバスは47各都道府県から2000人のボランティアを集めて行う東北3県縦断の復興ボランティアツアーです。このツアーには4つの特徴があります。

1.被災地でのボランティアを通じて、震災を知り防災を学ぶ
2.あるようでなかった、3県縦断バスツアー
3.参加した学生は次の学生に繋げて、リレー形式で被災地に全国の学生が関わり続ける
4.社会人が学生の交通費をサポートする寄付の仕組み

実際に参加する学生さんを、各都道府県の「先輩」がスポンサーするという非常にユニークなアイデアで、私も応援しています。詳細はReadyfor?のページを見て下さい。

ちなみに私の出身地の長崎県からは11人分スポンサーされています。このReadyfor?のプロジェクト終了は9月2日。あと4日です!

是非、拡散してこのプロジェクトを成功させましょう。

あなたの出身地からは何人サポートできてますか?是非チェックして、拡散お願いします。

きっかけバスのブログはこちらから。

Readyfor? きっかけバス プロジェクトページ

 

TelTell東北ツアー(2) 復興と「あきらめない」日本人 & ブロガーミートアップ

東北ツアーの第一部はこちらをご覧下さい。

気仙沼をあとにして、南三陸町へ向かいました。ここは防災庁舎跡が生々しく残っています。もうすぐ披露宴を挙げる予定だったという、最後まで避難のアナウンスをされた女性職員の方のことを考えると、無念で胸がいっぱいになってしまいました。

次は北上川沿いに石巻方面へ。東北自体初めて訪れましたが、この川沿いの自然の美しさには息を飲まれるほどでした。カリと2人で、こんなに美しい自然が、恐ろしいものに変わることもあるんだよね、という話をバスの中でしたのが印象に残っています。

Kitakami river

ここ、大川小学校では全生徒の七割を津波で失ったとのこと。沢山の人達が手を合わせに来ていました。親として、胸が詰まります。

Okawa school

慰霊碑も出来ていました。合掌。

Okawa school2

caroline

そのあとは大原でボランティアをしているイギリス人のキャロラインに会ってきました。オンラインで知り合って友達になり、偶然彼女が大原にいる時に私が今回のツアーで近くに来ることになったので特別にスケジュールを変更して寄ってもらいました。「ヘルプが来るまで待っていたらいつまでも復興はできない」という信念のもと、個人で募金を集め、大原でバス停や公園を作っているキャロライン。震災以来、年に数回イギリスで募金を集め、日本にやって来てはお手伝いをしています。 私も見習わなくてはと思わされました。彼女に直接募金をしたい方は是非彼女のサイトまでどうぞ。

Yahoo ustream

その後石巻市へ移動し、ヤフー復興ベースにお邪魔してきました。ここはヤフージャパンが実際にオフィスを置いて、石巻の復興を様々な形で支援するというスペースですが、ここではUstreamの放送をして、カリが復興支援室 室長の須永さんをインタビューしました。復興ベースの主なプロジェクトは復興デパートメントというオンラインショップ。そのことについてこのビデオで紹介しています(英語)。

あっという間の2日間でしたが、これで東北ツアーは終わり、東京に戻ります。私達がこの2日間で見たものは氷山のほんの一角でしかないことは十分理解しています。たったの2日間ですが、その間共通していた印象というのはやはり、事態が大きすぎて、どこから手を付ければ良いのか、と言ったような無力感でした。それでも、ほんのちょっとの復興に向けて、毎日がんばっている人がいる。それがせめてもの救いでした。Ustreamでジョンが言っていましたが、この程度の震災が起こったらもう他所に移ろう、という国や文化は一杯あると。でも日本人はあきらめない。それは素晴らしい事だと言っていたのが印象に残りました。

日米ブロガーサミット 東京では松村太郎さんmehoriさんg.O.R.iさん、ソーシャルおじさんこと徳本昌大さん高橋学さん、家電ちゃんこと西岡舞子ちゃんなど他にも沢山の方とブロガーミートアップでご一緒できてとても嬉しかったです。日本のブログ界のことを何も知らないのでトンチンカンな質問をしていたと思いますが。。。ここでは、北米に住む人間として、北米の一般市民はすでに日本の震災のことを忘れかけているし、自分たちの問題(アメリカならハリケーンサンディや、経済危機など)のほうがいっぱいっぱいで、遠い日本のことまで気が回らない人が多い、という話をしました。そのような風化を防ぐには、ドーンと大胆なことをやらないと駄目だ、というのがジョンの意見でした。ソーシャルメディアの大物を日本に呼んで、大きなイベントを、、、というアイデアも出ました。また、TelTellのアプリを復興ベースで使えるようにすれば、海外の一般の人でも被災地の人の生の声、何が本当に必要なのか、などという情報を得る事に利用できるのでは、といったアイデアも出ました。非常に有意義なミーティングだったと思います。これをさらに次に繋げていけたらと思っています。

group

最後にホテルで助けあいジャパンの野田さんと一緒に撮った一枚。毎年この並びで一緒に撮ろう!と約束しました。野田さん、本当にお世話になりました。

カリ、ジョンと日本に行くのは今回二度目でしたので、彼らの仕事ぶりには慣れていましたが、やっぱりテクノロジーに詳しい2人には色々教えてもらって勉強になりました。ジョンは今回の日本滞在中に私の写真の先生になってもらいましたし、カリとは今もチャットでいつも近況報告しています。 また、一緒に日本に行ける事を楽しみにしています。TELTELLの皆さん、徳本さん、ありがとうございました。

TelTell 東北ツアー (1) 気仙沼へ。

助けあいジャパンTELTELL東北ツアー

暖かい沖縄をあとにし、東京へ戻りました。日本滞在の後半は、東北の被災地を回ります。

ソーシャルおじさんとして最近大活躍の徳本さんから、TELTELLコンシェルジュというアプリを体験しながら日本を旅して下さいと言われた時、真っ先に浮かんだのが東北の被災地のことでした。助けあいジャパン野田さんとは震災直後にTwitterで知り合い、助けあいジャパンで翻訳のボランティアをさせていただいたのと、二人とも地元が佐世保ということもあり、仲良くさせていただいています。去年全日空のお仕事でカリとジョンとで来日した際にも、ホテルまで足を運んで下さり、震災を風化させない為にも、是非海外の人に被災地を見てもらいたい、と熱く語って下さいました。

なので、「被災地を訪問することは可能ですか?助けあいジャパンの野田さんにお願いできないでしょうか」とご相談したところ、快諾いただき、実現しました。

TELTELLコンシェルジュのデモ

東京は冬に戻ったかのような冷え込み。沖縄とは正反対です。早速初日は、TELTELLコンシェルジュを作られているアールシステムさんにて、商品のオリエンテーション。TELTELLコンシェルジュは、AppleのFacetimeを使って、オペレーターさんと直接つながれる翻訳アプリ。私は自分の仕事でもあるので、翻訳、通訳にはちょっとうるさいです。Googleなどの機械翻訳は全然使えないこともあり、常々、翻訳には「ひと」が不可欠だと思っていました。

TELTELLコンシェルジュ オペレーター

このTELTELLコンシェルジュは、ちょっと何か聞きたい時に気軽に、プロレベルの通訳さんに気軽にアクセスできるので、非常に便利だと思いました。例えば、海外旅行に行く時、わざわざ通訳を雇えるような余裕のある人は少ないと思いますが、このアプリを持っていれば、空港、レストラン、ショッピング、地元の人との会話など、いつでもアクセスできます。とはいえ、実際に使ってみるまでは私もどうなのかな?という感じでしたが、数名のオペレーターさんが実際にカリとジョンの為に通訳をしているのを見て(動画がもうすぐGeekbeat.TVにアップされるはずですのでチェックしてみて下さい)、オペレーターさんのレベルの高さに驚きました。日本人ではないオペレーターさんも沢山居ましたが、みなさん日本語、とくに敬語が素晴らしい。「少々お待ち下さい」と言われたあとに英語でちゃんと通訳して下さいます。

早速このアプリと共に新幹線で一関へ。

翌日起きてみると一関は雪!それでもみんな助けあいジャパンさんが用意して下さったバスに乗り込みます。カリフォルニアから一時帰国されていた松村太郎さんも参加して下さいました。出発前に撮ったビデオはこちら。

ちらつく雪の中、気仙沼へ向かいます。最初に着いたのは、大型漁船第18共徳丸の打ち上げられた場所。ニュースなどでその写真を見たことはありましたが、実際に巨大な船を目の前にすると、みんな思わず沈黙してしまいました。
第18共徳丸・気仙沼

下敷きになった車よく見ると、車が下敷きになっています。。。

shrine

亡くなった方々へのお供えものや花、千羽鶴なども沢山ありました。たまらず涙。しっかり手をあわせてきました。

この共徳丸は、私たちが見学に行った日には取り壊しが決定、と伺ったのですが、その後も保存するかどうかで色々と意見が分かれているようですね。被災者の方にしてみれば、見るたびに辛い思いそさせられる方も多いでしょうし、複雑な問題です。共徳丸の周りは、ほとんどが何も無い空き地状態で、まだまだ先は長いなという印象でした。

復興屋台村 気仙沼横丁

その後、復興屋台村 気仙沼横丁という仮設市場にて、大漁丸というお店の女将さん、幸江さんにカリとジョンがTELTELLを使ってインタビューしました。

TELTELL 大漁丸インタビュー

津波のあと、避難していた知り合いの方の家ごと流されたなど、大変な思いをされたようすを話して下さいました。今はご主人と大漁丸を切り盛りされていますが、是非沢山の人にお店に来てほしいと言っていました。明るくて元気な幸江さんに、これから先はまだまだ長いけど、復興の希望を少しだけ、少しだけですが見れた気がしました。気仙沼に行かれる方は是非寄ってみて下さい。

ここで私は気仙沼のキャラクター「ホヤぼーや」グッズを購入。可愛いですよね。

Hoya boya

次は南三陸、大原、石巻へと続きます。

 

暮らすように滞在できるリゾート 星のや 竹富島 

竹富島では星のや 竹富島に滞在させていただきました。

星のや 竹富島

石垣島からフェリーで10分。竹富島に着くと、星のやさんのバスが迎えてくれました。約7分ほどで星のやへ。着いて最初の感想は、心が洗われるようなすがすがしさ。

星のや 竹富島 お茶チェックインを待つ間、お茶とお菓子を出してくださいました。

早速部屋に案内されましたが、着いてびっくり。一人一部屋では無く、一人一軒でした。琉球石灰岩の手積み石垣や琉球赤瓦を使った伝統的な竹富島の建築様式を尊重して作られた客室は、風通りも良く、暑い沖縄の気候を十分考えて建てられています。

決まった玄関は無く、空いている引き戸から自由に出入りができます。客室には自由に使えるサンダル、傘、懐中電灯(夜のお散歩用)など揃っていてとても便利。

最近のホテルはどこもカードキーですが、ここでは本物の鍵を渡されるところが新鮮で良かったです。外出する時はちゃんと戸締まりを確認して。。本当に自分の家のような気がしました。

客室にはいってすぐの私のリアクションはこちら。結構感動しています(笑)

敷地の真ん中にはプールが。普通、リゾートのプールというと、床は明るい色で、ロゴが入ってて、という感じですが、床が暗い色で塗られているのは、泉をイメージしているからなんだそうです。素敵。早朝、ラウンジから撮ったプールの写真です。

この「ゆんたくラウンジ」には24時間楽しめるちょっとした図書館、コーヒーやジュース、インターネットスペースの他にギフトショップやバーもあります。プールの見える窓に面したエリアはのんびり足を伸ばせるようになっていて、とても居心地が良かったです。

プールのみえるラウンジ20秒のラウンジの様子のビデオはこちら。早朝だったので、まだ誰もいません。

スタッフのみなさんも微笑みを絶やすこと無く、素晴らしい日本風のおもてなしで迎えて下さいました。一緒に行ったジョンも、「ここのスタッフは常にスマイルしている。素晴らしい。」と言っていましたよ。

星のや 竹富島 バスタブ客室、レストラン、ロビーなどは全てシンプルかつ洗練されたデザインで統一。

客室には星のや特製の月桃バーム(私は気に入ってもう一つ購入して帰りました)、お散歩に使えるかわいらしいバッグ、お風呂で使えるハーブバスなど、アメニティにも大満足。

星のや 竹富リゾート内はまだ新しいものの、竹富の村を忠実に再現しています。道が白っぽいのは珊瑚の砂を使っているからで、これは夜道でハブがでても月明かりが反射して見やすいようにという竹富島の知恵が生きているのだそうです。ガイドさんも仰っていましたが、暑い夏は夕方から外出するのが沖縄では普通なのだそうです。

竹富島の町並みは重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、村の文化を守るべく、厳しい条例が設けられています。そんな中、星のやは、従来の村の人々の生活、文化を守り、島になじむリゾートを作ったと言えるでしょう。

お食事も素晴らしく、沖縄の新鮮な食材をふんだんに使った創作料理が出されました。

車エビとホタテのタルタル

朝食は日替わりの新鮮なジュースが楽しめます。美味しかったのはスイカとホットペッパー(唐辛子?)のジュース。

星のや 竹富の日替わりジュースバー

星のや 朝食

昼間は自転車を借りて島を探検したり、ビーチまでお散歩したり、夕日を見るバスツアーに参加することも出来ます。時間がゆっくりと流れるこの村では、まるで村民の一人になったかのようにのんびりと滞在を楽しむことが出来ます。

意外だったのは、子連れのファミリーが結構多かったこと。自然が一杯の竹富島は、子供達と思い出を作るのには最高の場所だと思いました。次は私も是非子供達を連れて行きたいと思います。

これで私の沖縄訪問記は終わりです。このような素晴らしい旅を実現させてくださったANA沖縄観光コンベンションビューロー、そして星のや 竹富島さんに心より感謝いたします。

沖縄、また会う日まで、待っててね!

豊かな自然と文化のくに-ANAと沖縄の旅(2)

ハイビスカス
無事、おととい日本から帰国しました。あっという間の、怒濤の10日間でした。

忘れないうちに、ここに書き留めておこうと思います。

沖縄初日のことはこちらに書きましたが、その他にも本当に沢山の場所を回らせていただきました。沖縄観光コンベンションビューローさん、本当にありがとうございます。全て書き出すスペースも無いので、印象に残ったものを書き出してみると。。。

沖縄美ら海水族館

ここはやはり沖縄観光の目玉として外せないでしょう。巨大水槽に泳ぐ8.5メートルものジンベイザメとマンタはいつまでみてもあきません。私のお気に入りは英語ではガーデンイールというそうですがこれ。日本語ではチンアナゴというそうです。ガイドさんに教えてもらって売り切れ続出という人気のお土産をかろうじてゲットしました。これ、マグネットなんです。可愛いでしょ?
チンアナゴチンアナゴ マグネット

外には公園、アスレチック施設、ビーチ、植物館もあり、家族で丸一日過ごせる場所ですね。美ら海水族館の詳細はこちら。

万座毛

象の鼻のような形の崖。すごい迫力で、これは思いがけずハマってしまった観光地でした。歩けば10分程度ですが、景色が素晴らしく、沢山写真を撮りました。

竹富島

その後石垣島経由で竹富島で向かいました。竹富島は、うわさには聞いていたけどなんてチャーミングな島なんでしょう。コンビニや派手な看板などは一切無く、数十年前にタイムスリップしたかのよう。この島での有名な観光アトラクションのひとつは水牛車ツアー。お仕事が終わったあとの水牛さんたちは、アフターファイブは放牧されて自由に草を食べていました。

水牛車ツアー

水牛車ツアーはガイドのおじさんが興味深い話を沢山してくださいました。水牛は頭が良くて、1、2回回るだけで村の道を覚えるだとか、村では水牛車が優先権があり、車が来たら車のほうが引き返したり、水牛車に道を譲ったりしなければいけないそうです。この日私たちを引っ張ってくれたのは「なっちゃん」。角につけたハイビスカスが可愛い。

水牛のなっちゃんと

その後村の散策をしましたが、いたるところにハイビスカスなどが咲き乱れ、パパイヤの木などもあり、本当にのどかで綺麗な村です。

竹富島のポスト

その後竹富島では私とニールはシュノーケルも体験しました。珊瑚礁が本当に綺麗でしたよ。

竹富の海

石垣島

竹富のあとは石垣島に戻り、川平湾などを観光。素晴らしい眺めでした。この日はあいにく雨が降って来たので雲が出ていますが。。。

川平湾

それからランチに食べた石垣牛の美味しかったこと!テキサス出身のカリとジョンも絶賛していました。

石垣牛の丼

素晴らしい、豊かな文化を誇る沖縄。私は特に信仰心が強い訳ではありませんが、沖縄の先祖、自然崇拝には強く納得できるものがありました。あんな素晴らしい自然に囲まれていたら。自然に畏敬の念が出て来てあたりまえですよね。

御嶽(うたき)、ヒンプン、石敢當、シーサー、亀甲墓、琉球石灰岩、ガジュマルなどなど、沖縄に来て学んだ現地の文化や自然はとても興味深く、また是非今度は家族で沖縄を訪れたいと思っています。是非、次のバケーションでは沖縄まで足をのばしてみてください。

ANAと沖縄の旅-1

今、沖縄に来ています。

去年、ANA(全日空)のブランドアンバサダーとしてお仕事させていただいたのですが、今回はその第2弾ということで、前回と同じアンバサダーチーム -ソーシャルメディアコンサルタントのニール・シェーファー、アメリカで絶大な人気を誇るテック系ウェブTV、Geekbeat TVのホストのカリ・ルイスジョン・Pとの4人で、今年はなんと沖縄に旅することになりました。

九州出身の私ですが、沖縄ははじめて。でも、出発直前に色々予習して、その時点ですでにすっかり沖縄が好きになってしまいました。

着いた翌日から早速観光開始でしたが、盛りだくさんの内容でした。

首里城

Shuri Castle沖縄に来たら見ずには帰れない、首里城。未だに修復中の部分も多かったですが、色々勉強になりました。

この衣装は、当時首里城に務めていた人達の格好なのだそうです。

Shuri-kimono

ガジュマルの木

Gajumaru

沖縄1日目の第一印象がこのガジュマルの木。名前は知っていましたが実際に見るのははじめて。アメリカ人のカリも、素晴らしく美しいと絶賛していました。全然知りませんでしたが、ガジュマルってどんどん根が増えて来るため、移動しているようにみえてWalking Treeと呼ばれているそうですね。

また、ふと入ったお土産さんで「Pig Riding」と書かれたTシャツを見つけ「沖縄では豚に乗ったりするんですか?」などという私の馬鹿な質問に、「ガジュマルの木に住んでいるキジムナーという妖精です」とお店の人が教えてくれた。ちょっと調べてみると、赤い髪の、子供の姿をした妖精で、木を大事にする人には繁栄をもたらすが、その逆に木を傷つけたりするとバチがあたるそうです。お土産屋さんにもキジムナーのキャラクターグッズが色々ありました。可愛い言い伝えですよね。

おきなわワールド

おきなわワールドは、沖縄の文化を学べるテーマパークですが、ハブ館があったり鍾乳洞があったりと内容は盛りだくさん。ここではハブ酒のリキュールを飲んでみました。Geekbeat.TVの映像です。

また、小さな村を再現したコーナーでは紙すきや三線、焼き物などの体験コーナーもありました。これは琉球グラスの体験コーナーのビデオ。

このあとはリゾートホテルを見学に行ったり、沖縄でももっとも神聖といわれる聖地、せーふぁうたきも見て来ました。盛りだくさんの沖縄旅行。まだまだ続きます。#ANAOkinawaのハッシュタグを探してくださいね。

 

 

日本・2011年5月

こちらも長いことほったらかしにしているのでいい加減本腰を入れて書かないと。

5月の11日から2週間日本へ行ってきました。 もともとは3月の春休みを利用して子供達を連れて里帰りする予定だったのですが、地震の為5月に延期。上の子は学校があるし、今回は子供達は置いて、私一人で向かうことになりました。

最初の1週間は実家で家族と過ごしたのですが、2週目は東京に出て行き、1週間滞在しながらいろいろな方々とお会いすることが出来ました。

Media_httpmediatumblr_ihwla

まずは助け合いジャパンの皆さんの歓送迎会に急遽参加させていただきました。たまたまツイッターで見た英語ボランティア募集をみかけて、お手伝いさせていただくことになったのですが、初対面とは思えない程とっても盛り上がりました。みなさん、ソーシャルメディアを使って日本の復興を応援しようという熱い気持ちがすごく伝わってきました。いろいろ語りましたよ!

今回お会いした90%の方はツイッターで知り合った方ばかりでした。そんな、ツイッターで出来た友達の一人が、日本在住のスイス人、シビル伊藤さんです。

彼女は日本にもアメリカにも住んだことがあるので、北米の文化、習慣、震災の話、日本人の国民性、日本経済などなど、とても興味深いお話が出来ました。本当に、お会いできて嬉しかったです。話に夢中になりすぎて、二人で写真を撮れなかったのが残念!

さらに、ブログワールドで知り合ったマイク上杉さんとも再会できて嬉しかったです。上杉さんは日本でソーシャルリーダーズという会社もされていて、Kloutのスコアを使って日本のインフルエンサーを集めて、色々なイベントを企画されています。

今回はソーシャルリーダーズの高川さんのご紹介で才式祐久さん星野有香さん、鈴木拓さんとホットベースというとってもユニークな場所でお会いしてきました!ここ、ヒーリングスペースあり、バーありの、面白い場所です。毎週月曜日はパーティとのことで、知らない人同士もどんどん繋がっていって大いに盛り上がりました。

Media_httpmediatumblr_rfwhs

助け合いジャパンのみなさんにもちょろっとアイデアは伝えたのですが、日本で、北米のソーシャルメディアの最先端を行っているリーダーを呼んでソーシャルメディアカンフェレンスやりましょうよ、とここでも少しお話させていただきました。英語のブログにも書いたのですが、日本はソーシャルメディアの主流は1年ちょっと遅れているようなので、北米の最先端の情報を伝えられたら面白いのではないかなと私は思っています。

ただ、日本はガラパゴス化の国ですから、今でもすでに日本のソーシャルメディアの文化がどんどん進んでいっていますよね。日本ってすごいアイデアの国なので、それはそれで全然悪くないとは思うんですが、一度、他の国の実情を知っておくのも良いかと。

今、日本にわざわざ来ようとする人も少ないですし、これがちょっとでも復興の支援になったらなあと思うのですが。スポンサー、コラボ興味ある方メール下さい。

そして、カナダに帰国する数日前に立て続けにお会いできたのが、もうオンラインでは10年近く存じ上げて居るのに実際に会うのは初めてという紳士3名。

Windtownさん−もう本当に長いことお鮨についてブログ書かれていて、いつも美味しそう〜と思いながら読ませていただいていましたが、まさかいつかご一緒させていただける日が来るとは、大げさかも知れませんが夢のようでした。日本でもおそらく一番のお鮨屋さんに連れて行っていただき、ああ思い出すだけで涎がでそう(失礼)。感激でした。Windotownさんはアメリカ生活も長いので、色々と北米文化の話なども弾みました。帰りには烏杜神社にお参りもして、素敵な夜でした。本当にありがとうございました。

高樹センセ−なんだかんだ言って日記猿人時代?から読ませていただいているファンなので、東京に行くなら是非お会いしたい人の一人でした。銀座のめちゃくちゃ美味しい居酒屋で「不幸な女」の話で盛り上がったあと、東京に行くなら是非行きたい!と私が思っていたバー High Fiveに。私がビクトリアで仲良くしているバーテンダーが(実は彼はその道では有名な、才能あるバーテンダーなのですが)東京に行くなら是非ハイファイブの上野さんに会って来い、というのでお邪魔してきました。

Media_httpmediatumblr_ibctc

写真はハイファイブの倉上女史作の向日葵というカクテル。また飲みたい!

Lestrratさん−とりあえずツイッターのハンドルで載せさせていただきます。猿人、才人で知り合って、今はツイッターとFBで繋がっているのですが、色々東京情報ありがとうございました。おいしいてんぷら食べて、大満足(また食べ物の話。。。)いろいろとまた、私の東京でのカンフェンス案についてアドバイスいただきました。「まずは本を書いたら」と言われたのでその件についても考えて見ます。。。むむむ。

みなさん、もう10年近くオンラインで絡んでいると、全然初対面じゃない気がするのが素敵。

会った人全員に言ったことですが、「もっと仕事で日本に行きたい!」というのが夢なので、実現に向けてがんばります。また近いうちに是非是非お会いしましょう。

日本で沢山の素敵な人達にあえて、ほんとに沢山語って、やる気が出てきました。ありがとう!

もちろん、カナダにも遊びに来て下さいね。