ANAがバンクーバー・羽田線就航

10151157_10152043517061443_382487433_n

去年、一昨年と、ブランドアンバサダーとして岡山や沖縄に飛ばせていただいていたANAが、今回ついに、カナダにも飛ぶようになりました!
カナダ在住日本人としては、非常に嬉しいニュースです。今までは、JALかエアカナダしか選択肢がなかったので。。

バンクーバーー羽田間の直行便就航を記念して、3月30日、バンクーバー国際空港にメディアツアーのメンバーが集まりました。
バンクーバーから東京に飛ぶのは、日本人だけとは限りません。移民の国カナダには、沢山のアジアからの移民が住んでいますので、東京を経由してアジアに向かう人達も沢山いると考えられます。よって今回のメディアツアーには、バンクーバーの新聞 Vancouver Sunを始め、Philippine JournalShing Tao Daily、そして日系の新聞ではおなじみバンクーバー新報の記者の方がお見えになっていました。

safetyvest

空港に着いてチェックインしたあと私たちが連れて行かれたのは、なんと滑走路。地元のTV局のクルーも沢山来ていて、四角く仕切ったエリアからメディアは出ないようにと空港の係員から注意されます。「Active Taxiway」と書かれたサインもあり、実際に飛行機が飛んでくるのでうろうろすると危険ということですね。

767

安全ベストを着て待つこと数分。羽田からやってきたANAの飛行機が見えました!ゆっくりとタクシーしながら、YVRが用意した特別エリアに飛行機がやって来ます。そして消防車のような二つの特別車から放水開始!水でアーチを作って、その中を飛行機がゆっくりと通って行きます。動画はこちら。

この儀式、Water Saluteというようで、新しい飛行機が空港にやってくる時に行われる儀式だそうです。また、パイロットが引退する時などにもこの儀式が行われるそうです。面白いですよね。

ribboncutting

このあとは到着ゲートにて、まさにこの飛行機で東京から到着したばかりのバンクーバー空港のCEOが挨拶をしました。鏡割りやリボンカットなども行われ、お酒、お寿司そしてバンクーバー名物のJapadogも振る舞われましたよ。

sushi

去年沖縄に一緒に飛んだカズさんともつかの間の再会。このイベントの為にバンクーバー入りされたのだそうです。

kaz

お祝いが一段落したあとで、私たちは搭乗。今度はバンクーバーから羽田に向かいます。現在羽田/バンクーバー間に使われている機種はB767-300ERですが、将来的には787を増やして行きたい、と広報課の野村さんが仰っていました。
ANAには何度か乗せていただいていますがあのテーマ曲が流れるなか搭乗。私のビジネスクラスのシートはこんな感じです。シートの幅は20インチ、シートピッチは50インチです。各シートのひじ掛け部分に収納されているテレビは9インチ。

businessclass

席に着くとすぐに客室乗務員さんが飲み物を持って来て下さいます。雑誌をもらったのですが、さすがに真新しかったのが印象的でした。さらに、タオルやチョコレートなどのお祝いの品も頂きました。嬉しかったのは手書きの折り紙カード。さすが日本のサービスだなあ。これ以外にもビジネスクラスの場合はロクシタンのアメニティセット、アロマセラピーのセットをもらえます。

note

ビジネスクラスの機内食はエコノミーと同じで和食、洋食を選べますが私は和食を選びました。こちらは前菜。

amuse

メインはこちら。

dinner

どちらも大変美味しく頂きました。他には福島のお酒などもいただきました。

快適な空の旅のあと羽田に到着。パート2に続きます。

 

暮らすように滞在できるリゾート 星のや 竹富島 

竹富島では星のや 竹富島に滞在させていただきました。

星のや 竹富島

石垣島からフェリーで10分。竹富島に着くと、星のやさんのバスが迎えてくれました。約7分ほどで星のやへ。着いて最初の感想は、心が洗われるようなすがすがしさ。

星のや 竹富島 お茶チェックインを待つ間、お茶とお菓子を出してくださいました。

早速部屋に案内されましたが、着いてびっくり。一人一部屋では無く、一人一軒でした。琉球石灰岩の手積み石垣や琉球赤瓦を使った伝統的な竹富島の建築様式を尊重して作られた客室は、風通りも良く、暑い沖縄の気候を十分考えて建てられています。

決まった玄関は無く、空いている引き戸から自由に出入りができます。客室には自由に使えるサンダル、傘、懐中電灯(夜のお散歩用)など揃っていてとても便利。

最近のホテルはどこもカードキーですが、ここでは本物の鍵を渡されるところが新鮮で良かったです。外出する時はちゃんと戸締まりを確認して。。本当に自分の家のような気がしました。

客室にはいってすぐの私のリアクションはこちら。結構感動しています(笑)

敷地の真ん中にはプールが。普通、リゾートのプールというと、床は明るい色で、ロゴが入ってて、という感じですが、床が暗い色で塗られているのは、泉をイメージしているからなんだそうです。素敵。早朝、ラウンジから撮ったプールの写真です。

この「ゆんたくラウンジ」には24時間楽しめるちょっとした図書館、コーヒーやジュース、インターネットスペースの他にギフトショップやバーもあります。プールの見える窓に面したエリアはのんびり足を伸ばせるようになっていて、とても居心地が良かったです。

プールのみえるラウンジ20秒のラウンジの様子のビデオはこちら。早朝だったので、まだ誰もいません。

スタッフのみなさんも微笑みを絶やすこと無く、素晴らしい日本風のおもてなしで迎えて下さいました。一緒に行ったジョンも、「ここのスタッフは常にスマイルしている。素晴らしい。」と言っていましたよ。

星のや 竹富島 バスタブ客室、レストラン、ロビーなどは全てシンプルかつ洗練されたデザインで統一。

客室には星のや特製の月桃バーム(私は気に入ってもう一つ購入して帰りました)、お散歩に使えるかわいらしいバッグ、お風呂で使えるハーブバスなど、アメニティにも大満足。

星のや 竹富リゾート内はまだ新しいものの、竹富の村を忠実に再現しています。道が白っぽいのは珊瑚の砂を使っているからで、これは夜道でハブがでても月明かりが反射して見やすいようにという竹富島の知恵が生きているのだそうです。ガイドさんも仰っていましたが、暑い夏は夕方から外出するのが沖縄では普通なのだそうです。

竹富島の町並みは重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、村の文化を守るべく、厳しい条例が設けられています。そんな中、星のやは、従来の村の人々の生活、文化を守り、島になじむリゾートを作ったと言えるでしょう。

お食事も素晴らしく、沖縄の新鮮な食材をふんだんに使った創作料理が出されました。

車エビとホタテのタルタル

朝食は日替わりの新鮮なジュースが楽しめます。美味しかったのはスイカとホットペッパー(唐辛子?)のジュース。

星のや 竹富の日替わりジュースバー

星のや 朝食

昼間は自転車を借りて島を探検したり、ビーチまでお散歩したり、夕日を見るバスツアーに参加することも出来ます。時間がゆっくりと流れるこの村では、まるで村民の一人になったかのようにのんびりと滞在を楽しむことが出来ます。

意外だったのは、子連れのファミリーが結構多かったこと。自然が一杯の竹富島は、子供達と思い出を作るのには最高の場所だと思いました。次は私も是非子供達を連れて行きたいと思います。

これで私の沖縄訪問記は終わりです。このような素晴らしい旅を実現させてくださったANA沖縄観光コンベンションビューロー、そして星のや 竹富島さんに心より感謝いたします。

沖縄、また会う日まで、待っててね!

豊かな自然と文化のくに-ANAと沖縄の旅(2)

ハイビスカス
無事、おととい日本から帰国しました。あっという間の、怒濤の10日間でした。

忘れないうちに、ここに書き留めておこうと思います。

沖縄初日のことはこちらに書きましたが、その他にも本当に沢山の場所を回らせていただきました。沖縄観光コンベンションビューローさん、本当にありがとうございます。全て書き出すスペースも無いので、印象に残ったものを書き出してみると。。。

沖縄美ら海水族館

ここはやはり沖縄観光の目玉として外せないでしょう。巨大水槽に泳ぐ8.5メートルものジンベイザメとマンタはいつまでみてもあきません。私のお気に入りは英語ではガーデンイールというそうですがこれ。日本語ではチンアナゴというそうです。ガイドさんに教えてもらって売り切れ続出という人気のお土産をかろうじてゲットしました。これ、マグネットなんです。可愛いでしょ?
チンアナゴチンアナゴ マグネット

外には公園、アスレチック施設、ビーチ、植物館もあり、家族で丸一日過ごせる場所ですね。美ら海水族館の詳細はこちら。

万座毛

象の鼻のような形の崖。すごい迫力で、これは思いがけずハマってしまった観光地でした。歩けば10分程度ですが、景色が素晴らしく、沢山写真を撮りました。

竹富島

その後石垣島経由で竹富島で向かいました。竹富島は、うわさには聞いていたけどなんてチャーミングな島なんでしょう。コンビニや派手な看板などは一切無く、数十年前にタイムスリップしたかのよう。この島での有名な観光アトラクションのひとつは水牛車ツアー。お仕事が終わったあとの水牛さんたちは、アフターファイブは放牧されて自由に草を食べていました。

水牛車ツアー

水牛車ツアーはガイドのおじさんが興味深い話を沢山してくださいました。水牛は頭が良くて、1、2回回るだけで村の道を覚えるだとか、村では水牛車が優先権があり、車が来たら車のほうが引き返したり、水牛車に道を譲ったりしなければいけないそうです。この日私たちを引っ張ってくれたのは「なっちゃん」。角につけたハイビスカスが可愛い。

水牛のなっちゃんと

その後村の散策をしましたが、いたるところにハイビスカスなどが咲き乱れ、パパイヤの木などもあり、本当にのどかで綺麗な村です。

竹富島のポスト

その後竹富島では私とニールはシュノーケルも体験しました。珊瑚礁が本当に綺麗でしたよ。

竹富の海

石垣島

竹富のあとは石垣島に戻り、川平湾などを観光。素晴らしい眺めでした。この日はあいにく雨が降って来たので雲が出ていますが。。。

川平湾

それからランチに食べた石垣牛の美味しかったこと!テキサス出身のカリとジョンも絶賛していました。

石垣牛の丼

素晴らしい、豊かな文化を誇る沖縄。私は特に信仰心が強い訳ではありませんが、沖縄の先祖、自然崇拝には強く納得できるものがありました。あんな素晴らしい自然に囲まれていたら。自然に畏敬の念が出て来てあたりまえですよね。

御嶽(うたき)、ヒンプン、石敢當、シーサー、亀甲墓、琉球石灰岩、ガジュマルなどなど、沖縄に来て学んだ現地の文化や自然はとても興味深く、また是非今度は家族で沖縄を訪れたいと思っています。是非、次のバケーションでは沖縄まで足をのばしてみてください。

ANAと沖縄の旅-1

今、沖縄に来ています。

去年、ANA(全日空)のブランドアンバサダーとしてお仕事させていただいたのですが、今回はその第2弾ということで、前回と同じアンバサダーチーム -ソーシャルメディアコンサルタントのニール・シェーファー、アメリカで絶大な人気を誇るテック系ウェブTV、Geekbeat TVのホストのカリ・ルイスジョン・Pとの4人で、今年はなんと沖縄に旅することになりました。

九州出身の私ですが、沖縄ははじめて。でも、出発直前に色々予習して、その時点ですでにすっかり沖縄が好きになってしまいました。

着いた翌日から早速観光開始でしたが、盛りだくさんの内容でした。

首里城

Shuri Castle沖縄に来たら見ずには帰れない、首里城。未だに修復中の部分も多かったですが、色々勉強になりました。

この衣装は、当時首里城に務めていた人達の格好なのだそうです。

Shuri-kimono

ガジュマルの木

Gajumaru

沖縄1日目の第一印象がこのガジュマルの木。名前は知っていましたが実際に見るのははじめて。アメリカ人のカリも、素晴らしく美しいと絶賛していました。全然知りませんでしたが、ガジュマルってどんどん根が増えて来るため、移動しているようにみえてWalking Treeと呼ばれているそうですね。

また、ふと入ったお土産さんで「Pig Riding」と書かれたTシャツを見つけ「沖縄では豚に乗ったりするんですか?」などという私の馬鹿な質問に、「ガジュマルの木に住んでいるキジムナーという妖精です」とお店の人が教えてくれた。ちょっと調べてみると、赤い髪の、子供の姿をした妖精で、木を大事にする人には繁栄をもたらすが、その逆に木を傷つけたりするとバチがあたるそうです。お土産屋さんにもキジムナーのキャラクターグッズが色々ありました。可愛い言い伝えですよね。

おきなわワールド

おきなわワールドは、沖縄の文化を学べるテーマパークですが、ハブ館があったり鍾乳洞があったりと内容は盛りだくさん。ここではハブ酒のリキュールを飲んでみました。Geekbeat.TVの映像です。

また、小さな村を再現したコーナーでは紙すきや三線、焼き物などの体験コーナーもありました。これは琉球グラスの体験コーナーのビデオ。

このあとはリゾートホテルを見学に行ったり、沖縄でももっとも神聖といわれる聖地、せーふぁうたきも見て来ました。盛りだくさんの沖縄旅行。まだまだ続きます。#ANAOkinawaのハッシュタグを探してくださいね。

 

 

ボーイング 787ドリームライナーとカスタマーサービス

Ambassadors-787

ANAのブランドアンバサダーの旅に関しての英語ブログ第2部、アップしました

羽田のメンテナンスセンターとCAアカデミー(この時、ガイアの夜明けさんの撮影が入りました)を見学させていただいたあと、羽田から岡山まで、ボーイングの最新機、787ドリームライナーを体験することができました。

機内の様子は英語ブログにいろいろ写真を載せているので、(もっと見たい方にはG+にもアルバムがあります)見てみてください。

Dsc01331

でも何が一番感動したかと言うと、岡山に向けて離陸する直前に、滑走路わきに作業服を着た人達が、私達の飛行機に向かって手を振ってくださっていたことです。

興奮した私は思わず、前の席に座っていたジョンさんに「見て見て!手振ってる!」と声かけたのですが、ジョンさんも「こんなの凄い。アメリカじゃあこんなサービス絶対ないよ。写真撮れば良かった!」と感動していました。ジョンさん曰く、日本は細かいところでの気配り、Attention to Detailsが凄い!とのコトで、それは私も同感です。

人(お客様)をいい気分にするのは、実はこんなちょっとした気配りだったりするんですよね。

Okayama

 

アドベンチャーはAから始まる。。。 ANA(1)

Dsc01246

2月にANAのブランドアンバサダーとして東京に行っていたのですが、その時のことをようやくアップすることができました。(英語です)

私と一緒にLAから成田へ向かったのがお友達のニール シェーファーさん。リンクトインのエキスパートとして有名な方です。以前からTwitterでは時々お話させていただいていましたが、ビクトリアにも去年の夏来てくださって、そして今回一緒にANAのブランドアンバサダーに選ばれて、何か縁を感じます。日本に15年住んでいらしたので、日本語はぺらぺらです。

サンフランシスコからも二人、アンバサダーが来ました。アメリカでとても有名なテック系、ガジェット系のウェブ番組、GeekBeat.TVのホストのカリ ルイスと ジョンPさん。彼らの番組はテンポがよく内容盛りだくさんでもちろん番組のクオリティも非常に高く、今回一緒にお仕事できるのを私も楽しみにしていました。カリには去年の11月のLA でのブログワールドで会って居ますが、ジョンさんは日本で初めて会いました。でもメールでずっと打ち合わせをしていたので初対面という感じはしませんでしたね。

さてこのANAのインスピレーション オブ ジャパン(以下IOJ)という新しいキャビンサービス。私達はビジネスクラスだったのですが、180度完全にフラットになるシート、クラス内最大規模のスクリーンと非常に快適でした。カナダに住んでもう13年になるので日本にはしょっちゅう帰っていますがやはり日本のサービスは素晴らしい。

一緒に行ったジョンさんもしょっちゅう「サービスが凄い。細かいところへの気配りが素晴らしい」と絶賛しておりました。

機内でのCA さんのサービスも文句無し。英語ポストにも載せましたがちょっとしたビデオを載せておきます。隣に座ってたニールさんが寝ていたので彼の姿を見せられなかったのが残念。ww

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=eL98n7z70ck?wmode=transparent]

ANAブランドアンバサダーチームがTVに!

Ana_tour_team

2月の半ばから10日ほどまた日本に行ってきました。全日空のブランドアンバサダーとして、新しいサービス、Inspiration of Japan(IOJ)をプロモする為です。

一緒に行ったのは、カリフォルニア在住、LinkedInのエキスパートで日本語ぺらぺらのニール・シェーファーさん、ダラス在住のテック、ガジェット系超人気Web番組、Geekbeat.TVカリ・ルイスジョン・Pさん。

日本にIOJのビジネスクラスで飛ばせていただき(言うまでもなく超快適。写真はここにあります。)、到着翌日は羽田のANAメンテナンスセンターやCAアカデミーを見学、さらに最新機のボーイング787(ANAが世界で初めてこの飛行機を飛ばしたのです。)にて岡山まで日帰り体験もさせていただきました。

さらにその翌日には汐留にある全日空の本社にてソーシャルメディア担当のみなさんと、FacebookやGoogle+マーケティング、そしてIOJに関して沢山お話を聞くことができて、本当に、素晴らしい体験をすることができました。

そんな中、TVの取材の方が同行されることがいくつかあり、「ガイアの夜明け」に、もしかしたら使わせていただくかもです。。。。というお話だったのですが、昨日、Twitterでニールさんから連絡があり、「出てるよ!」とのこと。ほんの数分でしたけどね。

ここで観れます。31分あたり。

ブランドアンバサダーを使って、ソーシャルメディア上の影響力を利用してプロモをするというやり方は日本ではまだ少なめなのでしょうか? でも、日本もカリスマブロガーとか沢山居ますよね。

ANAのIOJに関してはまた後日詳しく書くとして、このガイアの夜明け、航空業界の最新事情、非常に興味深く観させていただきました。もともと旅行好き、飛行機に乗るのが好きな私ですが、航空業界というのはものすごく興味深いところですよね。CAアカデミーなんて、一人で興奮してましたもん。やっぱり、日本人の女の子にとって、CAというのは多かれ少なかれあこがれの職業だったりする訳です。それが北米では必ずしもそうではない。全然、「憧れの職業」というイメージではないので、同行したカリとジョンも、「なんでそんなに興奮してんの?」という感じでした。はは。

それにしても世界に誇れる日本のサービス。ニールさんは日本に15年住んだこともあるので慣れてらっしゃいますが、カリとジョンは今回日本初めて。完全に付き添い通訳状態でしたが、とっても楽しかったです。行く先々で「日本はこんなことまでするのか!素晴らしいサービス!」と感動されてました。

日本滞在記、まだまだ続きますのでお楽しみに。