カナダに住む日本人移住者へのサービス

私が住んでいるビクトリアにはビクトリア日系文化協会(Victoria Nikkei Cultural Society-VNCS)という団体があり、私はそこで理事の1人としてボランティアしていますが、先週末、VNCSがメンバーとして加入している国レベルの団体、日系カナダ人協会(National Association of Japanese Canadians-NAJC)のAGMとカンファレンスにビクトリア代表として出席するため、オタワまで行ってきました。 2015年にはこのイベントをビクトリアで開催し、その時のことはこちらのブログに詳しく書いています

2011年の統計によれば、カナダに住んでいる日系人(日本人、日系カナダ人を含め、バックグラウンドが日本だと言う人)は10万人程度いるのだそうで、そのうち移民は2万5千人、子供が3万人で、日本からやってきたいわゆる「新移住者」は5万5千人、全体の半分以上を占めていますが、NAJCの名前を聞いたことがある人は少ないかも知れません。NAJCはこれまでは主に「日系カナダ人」をサポートする団体として知られています。

カナダには19世紀の終わりごろから日本からの移民が増え、「一世」と呼ばれていますが、これらの人々の多くは、カナダで出稼ぎをして日本に帰るのではなく、カナダ人としてカナダに骨を埋めるためやって来た人達です。第二次世界大戦中、真珠湾攻撃の前後から、日本人は敵国の人種と見なされ、1942年、ブリティッシュ・コロンビア州西海岸に住んでいた日系人は、家を退去するよう命令され、BC州内部の小さなコミュニティに強制的に移動させられました。家や車、漁船などの資産はそのまま置いていくように指示され、殆どが没収され、強制収容そのものの資金を作るために所有者の許可なく売り払われました。

このあたりの歴史は日本の学校でも学ばないので私もカナダに来るまで殆ど知らなかったことです。(詳しい内容は日系博物館のサイトをどうぞ。)

1998年にカナダに移住してきて以来、日本人の友達は少しづつ増えて行き、ビクトリアにあるVNCSで日本の文化を伝える活動をしていることを知り、会員になり、数年前からは理事として参加しています。日系文化協会(VNCS)の会員の殆どは日系カナダ人またはカナダ人で、私のような日本人移民は三割程度でしょうか。会員になるには日本人や日系人でなければいけないという決まりもないので、日本の文化に興味のある人なら誰でも参加できます。

NAJCでは、日系カナダ人の高齢化が進み、その人口も減ってくると共にそれに反比例する形で日本からの移住者が増えてくることを鑑みて、移住者へのサービスを積極的に行うことを現在思索中です。

オタワでのカンファレンスでは、新移住者をテーマにしたパネルディスカッションがあり、カールトン大学助教授の朝倉健太さんと主婦のニワノマリコさんからそれぞれお話を伺いました。朝倉さんからは、LGBTQの若者が日本の移住者の家庭でどのように感じているかなど非常に興味深いお話を伺うことができました。ニワノさんは、お子さんの居る主婦という立場から、カナダに来たばかりの頃、日本語でなかなか情報が得られなかったこと、今後の子供達の日本語力に関してなどご自身の体験をお話いただきました。

その後、日本語・英語両方にて、「NAJCが移住者に関して何ができるのか?」というテーマでのディスカッションも行われました。私は英語のグループにたまたま入りましたが、日本人移住者と日系カナダ人の間に溝を感じる人が多いことや、移住者の立場から、あったら嬉しいサービスなどについて様々なディスカッションが繰り広げられました。

私自身は移住者ですがNAJCやVNCSのような日系団体に積極的に関わっていますが、日本人移住者は日本語が通じる日本人のグループ(お母さんのグループや、趣味のグループなど)で集まり、特に日系人と交わる必要性を感じない方も多いと思います。全体的な感情としては、日系カナダ人のみなさんやNAJCの様な団体は、日本人移住者のみなさんと交流したい、サービスを提供したいと思っている人が大半です。

あくまで私個人の意見ですが、私はこのディスカッションでは「日本人移住者は日系人と交流する必要性を感じていないので、移住者にサービスを提供したり交流したければ、移住者がそうすることのメリットまたはバリュー(価値)を提供しなければいけない」と伝えました。

移住者のパネルディスカッションでお話下さったマリコさんは、「来たばっかりのころは英語ができなかったので、日本語での生活サポートがあると嬉しい」と仰っていました。

ただ、英語ができない人への日本語でのサポートは、オンラインはもちろん、オフラインでも、大きな都市ではすでに提供されています。バンクーバーには隣組という日本人のサポート団体がありますし、トロントにはジャパニーズ・ソーシャル・サービスがあり、カウンセリングや情報提供を行っています。

ビクトリアにはソーシャルサービスの団体はありませんが、クチコミなどで様々な情報を得ることができます。VNCSでもメールを頂ければできる限りのお手伝いはしています。

日本人移住者が必要とするサービスとしては、主に以下のものが挙げられました。

ー子供に日本語を教えるサービス(日本語学校など:都市によっては学校がある)

ー困った時の相談先、またはリスト(日本語の話せるドクターや弁護士など)

ー日本語でのカウンセリング。メンタルヘルス・LGBTQ・家庭法関連(私もこれは仕事でよく問い合わせが来ますが、近年日本人移住者の離婚が増えてきています。また日本人移住者の家庭内暴力(DV)の件数も増えているそうです。)

ー高齢者のケア (バンクーバーやトロントには日本語でケアできるシニアホームがありますが、ビクトリアのような小さなコミュニティにはありません。日本人の介護士さんも少ないです。)

また、移住者がカナダに来てどのくらいなのか、自分達や家族がどのくらいの年齢なのかによってこれらの問題は移り変わってきますね。私個人の場合は、子供達は大きいので、プレイグループのようなものは必要ありませんが、コミュニティの日系のお年寄りのケアができたらな、、、と思っています。もちろん、自分がさらに高齢になったら自分自身もケアが必要になってくるでしょう。

NAJCでは、これらの情報を元に、新移住者のための委員会を設立することになり、私もメンバーとして参加する予定です。「こんなサービスが欲しい」などというご意見があれば、ぜひメールでお知らせ下さい。

東北の新月

anewmoonovertohoku_about_redumbrella

昨日、ビクトリア大学の映画館Cinecentaにて復興支援ドキュメンタリー「東北の新月」を鑑賞しました。日系カナダ人三世のフィルムメーカー、リンダ・オオハマ氏が岩手、宮城そして福島での2年半のロケを経て完成した東北の人々の生の声をまとめた映画です。東日本大震災の際、7歳のお孫さんから「東北の人達はこれからどうなるの?」と聞かれたことがきっかけで、ボランティアのため日本に向かったリンダさん。現地の人々と知り合い親しくなるにつれ「私達の話を映画にして世界の人達に伝えて下さい」と頼まれたのだそう。

最初は「私にはとてもじゃないけど無理」と断ったリンダさんですが、福島原発近くの「No-Go」ゾーンを初めて訪れた時にその答えが変わったそうです。ゴーストタウンと化した街で、今でも変わり続ける信号を見て涙がでたと言います。その後、2年半に渡り被災者のみなさんへのインタビューを続け、このたびカルガリー国際映画祭にてワールドプレミアが行われ、映画に出演されている岩手県大槌の鍼灸師の佐々木賀奈子さん、娘の星瑛来さんと共にカナダまで来て下さいました。

映画の中で賀奈子さんは津波の日の壮絶な体験をシェアして下さっています。津波に足を救われ、流れてくる様々な物、建物、人達。その光景は「地獄のようだった」といいます。なんとか救助されたあとは濡れた服で凍える身のまま、一晩中他の方の手当をされたそうです。お話を聞いていて私も胸が一杯になりました。

ビクトリアの鑑賞会の前にリンダさんとランチでお話をする機会がありました。映画にも出てくる児童の70%を亡くした石巻の大川小学校は、私も2013年に訪問していますが、そこで12歳の娘さんを亡くされたあるお父さんが、リンダさんに「私はとても幸運です」と言われたそうです。12歳の一人娘を亡くしたのに、何故幸運なの?リンダさんは最初は聞き間違いかと思ったそうですが、この方は「私はこの子の父親になることができた。私は幸せものです。」と言われたと聞いて涙が止まりませんでした。生きていくために、ネガティブなことをポジティブに変えて行く人が東北にはとても多いのだ、というリンダさんの言葉がとても印象的でした。

samuraispiritfukushima

鑑賞会では、拙いながらも簡単な通訳をさせて頂きましたが、鑑賞後の賀奈子さんからのメッセージは「沢山の方に見て頂きたい。そして大切な人に伝えて欲しい。平和な生活はいつ失われるか誰にもわからないので。。」というもので、通訳をしている私も思わず涙してしまいました。この映画には他にも福島のNo-Goゾーンにある職場を見に行く人、放射能に対する不安を語るお母さんなどが登場します。しかし悲しいことばかりでなく、すべてを失っても元気に生きていく漁師の方、相馬野馬追を続けていく継承者のお侍さんなど復興に向けて少しずつ前進している様子も描かれており、希望のある映画になっています。一部のナレーションは女優の草刈民代さんが担当しています。

カナダでの上映会は2016年10月で一旦終わり、12月から日本での上映の予約を現在受け付けているそうですので、このブログを読んで下さっている方で、自分のコミュニティ(学校、会社など)で上映会をしたいと言う方は「東北の新月」のサイトからお申し込み下さい。

賀奈子さんにも、できるだけのお手伝いをしますのでこれからもよろしくお願いします、とご挨拶しましたが「まだ始まったばかりですものね」と言われたのが印象的でした。

機会があれば是非見て頂きたい映画です。

監督: リンダ・オオハマ

原作国: カナダ/日本

制作年: 2016

上映時間:98 分

 

日系カナダ人強制収容への抵抗を描いたKiri’s Piano

KirisPiano

先日、日系文化協会での年次総会があり、総会後の特別イベントとして、「Kiri’s Piano」という映画を見てきました。

監督はFrance Benoit(フランス・ベノワ)というイエローナイフ在住の女性ですが、この日は監督本人にも来ていただいて、いろいろとお話を伺うことができました。

Kiri’s Pianoは、カナダのフォーク歌手、James Keelaghan(ジェームス・キリガン)の有名な曲で、キリ・イトウという日系カナダ人女性と彼女のピアノのことを歌っています。(曲を聴いてみたい方はこちら

第二次世界大戦中、カナダ政府は、真珠湾攻撃の後、敵国である日本人を強制的に収容し、Internment Camp(収容所)と呼ばれる場所に移動させました。家や車、土地などの財産も押収され、収容された人数は約二万二千人に上るとされています。このうち多くの人たちはいわゆる一世、二世と呼ばれるカナダ人でした。

ベノア監督は、今は亡きご主人と鉄道旅行をしている最中にKiri’s Pianoのことを初めて知ったそうです。旅行の途中で立ち寄ったウィニペグでデイヴィッド・スズキの講演を聴きに行き、強制収容所の話を涙ながらに話していたスズキ氏を見て感動し、電車に戻ったあと、ご主人の「彼の話を聞いてジェームス・キリガンのKiri’s Pianoを思い出したよ」との一言からこの曲のことを知り、その曲のもとになった話を聞いて彼女もまた大変感銘を受けたとのこと。

BC州西海岸のとある漁村に住んでいたキリ・イトウは暇があればピアノを弾きその美しい音色で子供たちや近所の人たちを楽しませていました。ところが軍事色が濃くなり、夫の漁船は取り上げられ、遠く離れた地へ労働のため送られてしまいます。

子供たちと家を一人守るために残されたキリのピアノの音色は、以前とはうって変わって不安に満ちたものに変わっていきました。やがてキリの家も持ち物も没収されることになり、子供たちと一緒に収容所へ向かうキリ。

キリたちが去っていたあと、隣家の男性が残されたものをオークションに出そうとキリの家に向かったところ、キリの大切なピアノだけがそこから消えていた。。。というストーリーです。トレイラーはこちら。

11分という短い映画ですが、台詞はほとんどなく、ほとんど隣家の男性のナレーションで話が進みますが、このナレーションはそのままキリガンの曲の歌詞を利用しています。

曲を知っている人なら結末はすぐにわかると思うのですが、キリは愛するピアノを守るために、海に落としたというのです。

キリガンの曲の最後の部分の歌詞はこのようになっています。

So many years have come and gone since Kiri’s relocation
I look back now upon that time with shame and resignation
For Kiri knew what I did not that if we must be free
Then sometimes we must sacrifice to gain our dignity

キリが居なくなってもう何年も経つ 今では当時のことを恥と後悔とともに思い出す

キリは私が知らなかったことを知っていた 尊厳を得るためには時として犠牲を払わなければいけないということを

愛するピアノを他人の手に渡して売り払われるよりは、いっそ自分で処理しようというキリの静かながら強い抵抗の念が感じられます。この抵抗ーDefiance というのは私もとても好きな言葉です。

このキリという女性は実在したそうなのですが、ベノア監督によると、沢山の呼びかけにも関わらず彼女に関する情報は全く見つからなかったとのことで、これはおそらく本人が名乗り出たくないか、またはこれは謎として残る運命にあるのだろう、そしてもしそうであればそれはそれで良いじゃないか、というのが監督の意見だそうです。

キリの話は音楽と映画だけでなく、画家のClaire Kujundzicにも影響を与えたらしく、このような絵も見せていただきました。

kiri's piano

キリを演じた女性はトロントの日系ピアニスト、リサ・タハラさん、演技の経験は全くないそうですがピアノは実際にご自分で演奏されて、映画にも使われています。

撮影はすべてイエローナイフで行ったとのことで、イエローナイフの日本人コミュニティにはとてもお世話になったと言っていました。

ベノア監督のお話でひとつ印象に残ったことは、「『日系人の強制収容なんて、この先二度とあり得ないよ』という人が居ますが、本当にそうでしょうか。現在世界で起こっているニュースを見ていると、私にはとても過去のこととして片付けてしまうことができません。歴史は繰り返すとも言いますしね。」

監督のご厚意でDVDをいただきましたので、ビクトリアでこの映画を見たいという方はご連絡下さい。