6秒ビデオのVine:次のヒットアプリになる?

Vine

Twitterが先日公開したビデオアプリのVine、試してみられましたか?「ビデオのインスタグラム」と称されるこのアプリは、6秒のビデオをGIFのようにループできるツールですが、北米のソーシャルメディアプロの間では、意見が分かれています。

友人でデジタルストラテジストのSimon Saltは、「Vineは行き場のないプロダクト」だと言っています。Facebookがインスタグラムを吸収したのをふまえ、TwitterはインスタグラムのAPIをシャットダウンしましたが、それに対抗して、何かしらのビジュアルアプリを出してくるだろうというのは大方の予想通りでした。 ですがサイモンによると、6秒のビデオでできることはたかが知れているし、インスタグラムでなら写真を簡単にカッコ良く見せることができましたがビデオはそうは行かない、という意見です。

ですがMarketingProfとして有名なAnn HandleyVine: Stupid, Simple, Brilliant とタイトルをつけた記事で、くだらないくらいのシンプルさが、誰にでもコンテンツを造る機会を与えてくれ、編集できないという不便利さがあえて、撮影者によけいなものを省かせ、エッセンスを凝縮したコンテンツを造ることができると書いています。

私もAnnと同じくVine擁護派、というかVine中毒です。ビデオ系のアプリはCinemagramSocialCamViddyなどがありますが、簡単に6秒のビデオが作れて、シェアできるのは単純に面白いし、楽しいです。ループも面白いし。

これは昨夜友人と散歩に行ったとき撮ったもの。

私が強く思うのは、意味の無い、一見くだらないものでも、「面白い、楽しい」、英語でいうとFun、というのは非常にパワフルだということです。Pinterestが最初出て来た時も、一部の人は「バーチャルなコルクボード?それのどこが便利なわけ?」と言っていましたが、便利かどうか、何かの役に立つかどうかは別として、Funであるということはユーザーの感情に強く訴えるので、あのように爆発的にユーザーが増えました。 私が何故Vineが好きかというと、友人達の普段の生活が垣間見れるから。写真だと、つい自分を演出しちゃうことが多いと思うのですが、編集できないビデオのVineだと、部屋の様子、バスに乗っている友達、子供達、などの生の様子が見れて、今までよりその人のことを知ることができたような気分にしてくれます。 これは昨日のランチの様子。

 

ただこのVine、気をつけなければいけないことは、まだ公開されて1週間のアプリですので規制が広まっておらず。アダルトコンテンツも普通に公開されているとのこと。(一部のビデオには注意書きがでるようですが)私は今は知っている人だけをフォローしているので今のところ不快なビデオには遭遇していません。また、今のところiOSのみ利用可能なので、アンドロイド他のユーザーの方はもうしばらくお待ち下さい。

簡単にビデオコンテンツが作れるこのVine、ソーシャルメディアの次のヒット商品になるでしょうか? どう思います?

 

 

 

  • Pingback: Union Pacific Coffee | Lucid Communication()

  • 失礼します。仰る通りVineはFunがあり、楽しさを強力に共有できる道具のため、大いにアメリカとEUで流行ると思います。日本ではDeNA等が同様のサービスを開始し、それらが流行ると思います。
    またtwitterやfacebookが流行った理由は楽しさをブログ等よりも簡単に共有できるからです。いかに簡単にコンテンツを作れるかというのが多くのユーザの獲得には非常に重要です。iPhoneでYoutubeに動画をアップするのは簡単ですが、Vineは更に簡単なため、twitterのように流行ると思います。

    Vineが流行らない理由を敢えて挙げるとすると、facebookやGoogle+等が同様のサービスを開始して、それらが流行ることぐらいかと思います。特にGoogle Glassが簡単な動画撮影を可能にするため、要チェックです。

    • admin

      コメントありがとうございます。そうですね、Google Glassが浸透してきたら動画サービスがどう変わるか、楽しみですね。

  • Pingback: 視聴者とリアルタイムで交流できるビデオアプリ、Periscope | 縁もゆかりも()